東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの効能・用量・副作用など

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 五物解毒散
形状 散剤
製造販売会社 東洋漢方製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの特徴

本剤は,本朝経験方による五物解毒散に準拠して製造されたエキス顆粒剤です。

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの効能効果

かゆみ,湿疹

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの用法用量

次の量を食前又は食間に水又は温湯にて服用して下さい。なお,添付のサジはすり切り約1.0gです。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包または1.50g:3回
15才未満7才以上:2/3包または1.00g:3回
7才未満4才以上:1/2包または0.75g:3回
4才未満2才以上:1/3包または0.50g:3回
2才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの成分分量

4.5g又は3包(4.5g)中
水製乾燥エキス 1.6g (センキュウ5g,キンギンカ・ジュウヤク各2g,ダイオウ1g,ケイガイ1.5g)
(添加物)
乳糖,結晶セルロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の医薬品を服用している人。
瀉下薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
4.1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.本剤の服用により,まれに症状が進行することもあるので,このような場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に使用すること。
(5)本剤は生薬を原料としたエキスを用いた製品ですから,製品により色調や味が多少異なることがありますが,効果には変わりありません。
(5)本剤は,吸湿しやすいので,密閉して保管してください。

東洋の五物解毒散料エキス顆粒Sが気になる人向けのコラム

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

DHAはアレルギーに効果あり-1日にどれくらい食べたらいい?

DHA(ドコサヘキサエン酸)といえば、「頭をよくする成分」として、ずいぶん話題になりました。
DHAとは、魚介類の脂質に多く含まれる、不飽和脂肪酸。血液中の中性脂肪やコレステロール濃度を低くして、血液をサラサラにするほか、脳の神経細胞の... 続きを読む

カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい

「陰部がむずがゆい」「かゆみで寝つけない」「おりものが多くて気持ち悪い」といった症状は多くの女性が経験しています。なかには、同じような症状をくり返して日常生活に差しさわったり、何度も病院やクリニックに通ったことがある方もいらっしゃるかもし... 続きを読む