ポポンVL整腸薬の効能・用量・副作用など

ポポンVL整腸薬の基本情報

ポポンVL整腸薬

ポポンVL整腸薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 整腸薬
形状 錠剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 シオノギヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ポポンVL整腸薬の特徴

ビフィズス菌やラクトミンなどの乳酸菌は、代表的な善玉菌で、悪玉菌の増殖をおさえて腸内環境を整えます。
ポポンVL整腸薬は、ビフィズス菌と2種類のラクトミン(ガッセリ菌とアシドフィルス菌)を配合した整腸薬で、おなかの調子を整えます。また、水なしでのめるレモンヨーグルト味のチュアブル錠(ノンシュガー)で、カロリーは成人1回量(3錠)あたり約1.3kcalです。服用しやすく、おなかのケアに適した整腸薬です。

ポポンVL整腸薬の効能効果

便秘、整腸(便通を整える)、腹部膨満感、軟便

ポポンVL整腸薬の用法用量

次の量を食後に、かむか、口中で溶かしておのみください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:3回
8才以上15才未満:2錠:3回
5才以上8才未満:1錠:3回
5才未満:服用させないこと
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を厳守してください。
●小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ポポンVL整腸薬の成分分量

9錠中
ビフィズス菌 45mg
ガッセリ菌 22.5mg
アシドフィルス菌 22.5mg
リボフラビン 9mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
アスコルビン酸 225mg
(添加物)
D-マンニトール、粉末還元麦芽糖水アメ、エリスリトール、スクラロース、アセスルファムカリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ショ糖脂肪酸エステル、香料、エタノール、エチルバニリン、グリセリン、バニリン、プロピレングリコール

ポポンVL整腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
医師の治療を受けている人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

ポポンVL整腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当らない湿気の少ない、涼しい所に密栓して保管してください。(ビンのフタの閉め方が不十分な場合、湿気などの影響で薬が変質することがありますので、服用のつどフタをよく閉めてください)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変化します)
(4)ビンの中の詰め物は、輸送中の錠剤の破損を防ぐためのものですから、ご使用のはじめに必ず捨ててください。
(5)ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。
(6)箱の「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入してください。
(7)一度開封した後は、品質保持の点から、なるべく早めにご使用ください。
(8)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。

ポポンVL整腸薬が気になる人向けのコラム

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

にがりで便通改善ダイエット!

にがり
お豆腐に使われるにがりがダイエットに有効な食品であるという事を知らない人が意外なほど多いです。

お豆腐に使われるにがりは元々は海水から採れる物で、主成分は塩化マグネシウムとなり、にがりの中には豊富な海水のミネラルも含まれて... 続きを読む

あなたも北川景子顔に! 歯科医が教える【整顔テク】

冬になると、風邪や花粉症予防にマスクをしている女性が急増します。そんな女性がカフェでマスクをはずした顔を見ると!!!
「意外と年齢いってそう!」「美人だと思っていたのに……」なんて思ったことはないでしょうか?
物まねメイクで有名なざわち... 続きを読む

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とは、人や動物の腸内に多く棲む腸内細菌の一種。糖を分解して、酢酸や乳酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌の一種と間違われがちですが、実は別の腸内細菌です。乳酸菌は腸内でビフィズス菌と比べて圧倒的に数が少なく、働き方も違うので... 続きを読む