イノキュアSの効能・用量・副作用など

イノキュアSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 胃腸鎮痛鎮けい薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 小林薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イノキュアSの特徴

胃や腸などを動かしている内臓平滑筋のけいれんや過度の緊張により,胃痛,腹痛,さしこみ等の症状があらわれます。
イノキュアSはブチルスコポラミン臭化物が内臓平滑筋のけいれんや過度の緊張を抑えるとともに,胃酸の分泌を抑えます。さらに,メタケイ酸アルミン酸マグネシウムが胃酸を中和して胃粘膜を保護することで,胃痛,さしこみ,胸やけ等の胃腸症状に優れた効果をあらわします。

イノキュアSの効能効果

胃痛,腹痛,さしこみ(疝痛,癪),胃酸過多,胸やけ

イノキュアSの用法用量

次の量を,水又はぬるま湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1カプセル:1日3回を限度として服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

イノキュアSの成分分量

1カプセル中
ブチルスコポラミン臭化物 10mg
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 135mg
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,乳糖水和物,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム,青色1号,黄色5号

イノキュアSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)透析療法を受けている人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないこと
他の胃腸鎮痛鎮痙薬,ロートエキスを含有する他の胃腸薬,乗物酔い薬
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある。)
4.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
心臓病,腎臓病,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
精神神経系:頭痛
泌尿器:排尿困難
その他:顔のほてり,異常なまぶしさ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき、便秘、目のかすみ
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

イノキュアSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

イノキュアSが気になる人向けのコラム

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

低すぎてもNG!女性の【コレステロール値】正しい見方

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。 また、コレ... 続きを読む

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

髪の毛をキレイに保つ秘訣とは? 食事管理とストレス対策が肝心

「ブラッシングやシャンプーのたびに髪がごそっと抜ける」「鏡に向かうと、なんとなく頭皮がすけて見える」―そんなことがありませんか?
実は、最近こういう悩みをもつ女性が増えているんです。しかも、30歳代なのに…。
人間の毛髪は全部で約10... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む