カイケツEP錠の効能・用量・副作用など

カイケツEP錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 当帰芍薬散
形状 錠剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

カイケツEP錠の特徴

◆カイケツEP錠は金匱要略という書物に書かれている処方を基本にした漢方薬の錠剤です。

カイケツEP錠の効能効果

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

カイケツEP錠の用法用量

次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):6錠:3回
15歳未満7歳以上:4錠:3回
7歳未満5歳以上:3錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

カイケツEP錠の成分分量

18錠(3.6g)中
当帰芍薬散エキス(9/25量) 1.6g (シャクヤク1.44g・センキュウ1.08g・タクシャ1.44g・トウキ1.08g・ビャクジュツ1.44g・ブクリョウ1.44g)
シャクヤク末 0.131g
センキュウ末 0.098g
タクシャ末 0.131g
トウキ末 0.098g
ビャクジュツ末 0.131g
ブクリョウ末 0.131g
(添加物)
軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、乳糖、バレイショデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース

カイケツEP錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)胃腸の弱い人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

カイケツEP錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

カイケツEP錠に効果効能が似た薬

カイケツEP錠が気になる人向けのコラム

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

急に耳が聞こえなくなる難病-突発性難聴は早めの治療が大事

昨日まで健康には何の不安もなかったのに、朝起きたら片方の耳が詰まった感じであまり聞こえなくなっていた……。こんなふうに、全く突然に耳が聞こえなくなるのが突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)。昨秋、シンガー・ソングライターのスガシカオさんが... 続きを読む

毎日のむくみ解消が美脚への近道-寝る前のストレッチでデトックス

毎日リセットして老廃物をためないことが、美脚への近道 「いくら筋肉を鍛えても、老廃物がたまったままでは効果が出ません」と、ベリーダンサーで美脚のプロ、内藤未映さん。 ほどよく筋肉がついた内藤さんのカモシカ脚も、むくみケアをせずにそのま... 続きを読む

炭水化物なのにヤセられる!「さつまいもダイエット」 むくみ解消にも効く

寒くなると、あったかくて、甘いものが欲しくなりますよね。でも太るからと我慢していませんか。そんな我慢は、この冬は不要!
冬のおやつの定番“さつまいも”でダイエットができちゃうんです。 食物繊維だけじゃない。ヤセるパワーがギュッ! 美... 続きを読む

噛みしめ呑気症候群とは-お腹の張りや頭痛、肩こりの原因は同じ?

ガスでおなかが張る、ゲップがよく出るなどということはありませんか?
それでは、頭痛や肩・首のこり、あごの痛みはどうですか?
これら関連がなさそうないくつかの症状が、実は同じ根っこから発生しているかもしれないのです。それは「噛(か)みしめ呑... 続きを読む