イスクラ健脾散エキス顆粒の効能・用量・副作用など

イスクラ健脾散エキス顆粒の基本情報

イスクラ健脾散エキス顆粒

イスクラ健脾散エキス顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 参苓白朮散
形状 散剤
製造販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イスクラ健脾散エキス顆粒の特徴

「イスクラ健脾散エキス顆粒」は,ニンジン,サンヤク,ビャクジュツなど10種類の植物性生薬から抽出されたエキスを顆粒としたものです。体力虚弱で,胃腸が弱く,痩せて顔色が悪く,食欲がなく下痢が続く傾向がある方の食欲不振,慢性下痢,病後の体力低下,疲労倦怠,消化不良,慢性胃腸炎の改善を目的としております。

イスクラ健脾散エキス顆粒の効能効果

体力虚弱で,胃腸が弱く,痩せて顔色が悪く,食欲がなく下痢が続く傾向があるものの次の諸症:食欲不振,慢性下痢,病後の体力低下,疲労倦怠,消化不良,慢性胃腸炎

イスクラ健脾散エキス顆粒の用法用量

次の量を,いずれも1日3回,食前又は食間に服用してください。
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:3回
2歳未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させてください。

イスクラ健脾散エキス顆粒の成分分量

3包(5.1g)中
健脾エキス 4.5g ニンジン2.4g,サンヤク3.2g,ビャクジュツ2.4g,ブクリョウ3.2g,ヨクイニン4.8g,ヘンズ1.6g,レンニク3.2g,キキョウ1.6g,シュクシャ1.6g,カンゾウ1.6g
(添加物)
トウモロコシデンプン,結晶セルロース

イスクラ健脾散エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)次の症状のある人。
むくみ
(5)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イスクラ健脾散エキス顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)この文書は,本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので,大切に保管してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イスクラ健脾散エキス顆粒が気になる人向けのコラム

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

たった10秒でできる健康管理-5つの顔色で分かるあなたの体調

日ごろ、どんなに忙しくしている女性でも鏡を見る習慣のない人はいないでしょう。また男性でも、朝、顔を洗うときくらいは、洗面台の鏡に映った自分の顔に目がいくのではないでしょうか?
そのわずか10秒で、顔色から、体の不調やその背景にある生活... 続きを読む

シャープな首のラインを手に入れる方法-肌のたるみ・くすみ改善

ストレスがたまってくると、体全体の血行がわるくなり、内臓の機能も低下してくるのをご存知ですか?
体の中からきれいを引き出すためには、ストレスを取り除いて体全体の血行をよくし、胃腸などの内臓を元気に保っておくことが重要です。
ストレスを... 続きを読む

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

セルフチェックのすすめ-自分のからだを健康に保つためのポイント

家に帰ってドアを開けた瞬間や、お風呂に入って、ふーっとため息をついた瞬間に、どっと疲れが出てきて、「あ、自分はこんなに疲れていたのか」と気づくことはありませんか。日々の生活で、ストレスは知らず知らずに溜まっていくもの。日々のストレスは、その... 続きを読む