ビスキットdeuxの効能・用量・副作用など

ビスキットdeuxの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鼻炎用内服薬
形状 錠剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ビスキットdeuxの特徴

◆ビスキットdeuxは、6種の生薬成分(辛夷・細辛・荊芥・白し・甘草・生姜)を配合し、アレルギー性鼻炎・急性鼻炎などによるくしゃみ・鼻みず・鼻づまり・のどの痛みなどのつらい症状を改善するために考えられた、口が渇きにくいタイプの鼻炎用内服薬です。
◆d-クロルフェニラミンマレイン酸塩を中心に、ケイガイ・サイシン・ビャクシなどで鼻炎のアレルギー症状を改善し、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・なみだ目に効果を示します。シンイ・サイシンは鼻づまりを改善し、カンゾウは種々の炎症を抑えてのどの痛みを改善し、ショウキョウとともに鼻炎・副鼻腔炎の回復を手助けします。

ビスキットdeuxの効能効果

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)

ビスキットdeuxの用法用量

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3錠:3回
7歳以上15歳未満:2錠:3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

ビスキットdeuxの成分分量

9錠(1.8g)中
ケイガイエキス 27.5mg
サイシンエキス 36mg
シンイエキス 70mg
ビャクシエキス 60mg
カンゾウ末 900mg
ショウキョウ末 100mg
d-マレイン酸クロルフェニラミン 4.5mg
無水カフェイン 60mg
(添加物)
軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース

ビスキットdeuxの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないこと
他の鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)
3.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱、排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
緑内障
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
泌尿器:排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき、眠気
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ビスキットdeuxの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

ビスキットdeuxに効果効能が似た薬

ビスキットdeuxが気になる人向けのコラム

ジョコビッチも実践-ひとさじのはちみつで頭も体もフルパワー

1月に行われた全豪オープンテニスで6度目の優勝を飾り、あらためて強さを見せつけたノバク・ジョコビッチ選手。その強さの秘訣は徹底したグルテンフリーの食事による肉体改造と言われていますが、もう一つ注目されているのが「はちみつ」です。ジョコビ... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

生姜ダイエット

視覚
冷え性改善や、美肌効果もあるという万能薬的な生姜を取り入れるダイエット方法があります。
生姜には身体を温め、胃腸を整えるジンゲロールという成分による作用があるので、身体の代謝を良くして、便秘も解消される効果を利用して痩せることが... 続きを読む

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

いくつも悩みを抱えたときの対処法-頭の中にタンスを描いて心の整理

突然ですが、皆さんは「抱える」と聞いてどんなことを想像しますか?
おなかを抱えて笑う・・・ハンドバッグを抱える・・・仕事を抱える・・・などいろんな場面が思い浮かんできますが、辞書には「腕を回してものを持つ、引き受ける、雇い入れる」などとあ... 続きを読む