シオノギCF軟膏の効能・用量・副作用など

シオノギCF軟膏の特徴

シオノギCF軟膏は,アンテドラッグステロイドを含む6つの有効成分を配合し,しっしん,かゆみ,皮ふ炎などにすぐれた効きめを発揮する軟膏剤です。皮ふの保護作用の高い軟膏タイプです。
・・・・・・特徴・・・・・・
◇アンテドラッグステロイドの一つである「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」がしっしん,かゆみなどをともなう炎症をおさえます。
◇2種類のかゆみ止め成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」,「クロタミトン」がかゆみをおさえます。
◇「トコフェロール酢酸エステル」が皮ふの末梢血管の血流を改善し,治療効果を高めます。
◇組織修復成分の「アラントイン」がいたんだ皮ふ組織の修復を助けます。
◇「イソプロピルメチルフェノール」の皮ふへの殺菌作用により,二次感染による悪化を防ぎます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤 
製造会社 新生薬品
販売会社 シオノギヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



シオノギCF軟膏の効能・効果

湿疹,かゆみ,皮ふ炎,虫さされ,かぶれ,あせも,じんましん

シオノギCF軟膏の用法・用量

1日数回 適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないようにご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用し,内服しないでください。
(5)ごしごしすりこまないで,のばすようにうすくぬってください。
(あつめにぬっても効きめが高まるわけではありません)
(6)始めは1日に2~3回ぬり,よくなるにつれて回数をへらしてください。
(7)塗擦後,その部位をラップフィルムなどの通気性の悪いもので覆わないでください。

シオノギCF軟膏の成分・分量

1g中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 1.5mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩 20.0mg
クロタミトン 50.0mg
酢酸トコフェロール 5.0mg
アラントイン 2.0mg
イソプロピルメチルフェノール 1.0mg
(添加物)
トリエタノールアミン,クエン酸,モノステアリン酸グリセリン,白色ワセリン,ステアリルアルコール,軽質流動パラフィン,ジブチルヒドロキシトルエン,プロピレングリコール

シオノギCF軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用がおこりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむしなどまたは化膿している患部
(2)すり傷,切り傷
(3)目や目の周囲,口唇などの粘膜の部分など
2.次の場合には使用しないでください
(1)美容目的の使用
(2)かぶれ防止のための化粧下,ひげそりあと
(3)にきび
(4)赤ら顔(赤鼻)
(5)おむつかぶれ(しっしん以外の原因によることが多い)
3.顔面には広範囲に使用しないでください
4.長期連用しないでください
よくなれば中止してください。だらだらと無用に長く使わないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)湿潤やただれのひどい人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
皮膚(患部):みずむし・たむしなどの白せん,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください

シオノギCF軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当らない湿気の少ない,涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり,品質が変化します)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。