婦人華Nの効能・用量・副作用など

婦人華Nの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 錠剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

婦人華Nの特徴

婦人華Nは女性用薬として代表的な漢方処方の当帰芍薬散、桂枝茯苓丸を基本として、さらにニンジン、カンゾウを加えて生薬エキスとし、これにサフランとビタミンE(酢酸d‐α‐トコフェロール)を加え服用しやすいフィルムコート錠としました。月経不順、月経痛、冷え症、肩こり、更年期障害等にすぐれた効果をあらわします。

婦人華Nの効能効果

月経不順、月経痛、血の道症、こしけ、冷え症、のぼせ、貧血、めまい、腰痛、頭痛、肩こり、更年期障害

婦人華Nの用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)食間とは食後2?3時間を指します。

婦人華Nの成分分量

9錠中
生薬乾燥エキス 1200mg (シャクヤク・タクシャ・ケイヒ・トウニン・カンゾウ・ブクリョウ・ビャクジュツ・ボタンピ各533mg、トウキ・センキュウ各400mg、ニンジン666mg)
サフラン末 2.5mg
酢酸d-α-トコフェロール 10mg (酢酸d-α-トコフェロール10mg(酢酸d-α-トコフェロール2倍散として、20mg))
(添加物)
カゼインNa、ラウリル硫酸Na、カルメロースナトリウム(CMC-Na)、無水ケイ酸、ケイ酸AI、CMC-Ca、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール

婦人華Nの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
牛乳によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気、食欲不振

婦人華Nの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器には入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

婦人華Nが気になる人向けのコラム

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

生理不順は病気のサイン? 生理周期は長くても短くても安心できない

女性のみなさんは自分の月経が何日周期なのか、正確に言えますか?
毎月のことなのに、意外と正確なことを知らないのが月経に関すること。変だなと思っても、よほどのことでないと「病院へ行くのは面倒くさいし、人に聞くのも何だか……。」という人が多い... 続きを読む

生理周期が乱れやすくなる原因は? 生理不順のおもな6つの原因

「生理周期が25~38日の範囲内で、生理周期のズレが7日以内」が理想の生理周期ですが、実はちょっとしたことで乱れやすくなるもの。生理周期が乱れやすくなる原因について、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック院長の対馬ルリ子先生に教えていただきま... 続きを読む

生理不順やタバコは大丈夫? 子どもが欲しい女性の最低限の自己管理

晩婚化により女性が第1子を出産する平均年齢は30歳を超え、35歳以上の高齢出産も増加しています。とはいえ、まだまだ産める…とのんびり構えているのは大間違い。妊娠するために20代から気をつけるべきことについて、ともこレディースクリニック表... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む