クールワンせき止めGXの効能・用量・副作用など

クールワンせき止めGXの基本情報

クールワンせき止めGX

クールワンせき止めGX

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 杏林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

クールワンせき止めGXの特徴

クールワンせき止めGXは、せきを鎮める成分やのどの粘膜を修復する成分などの働きで、せき、たんの症状を効果的に改善します。

クールワンせき止めGXの効能効果

せき、たん

クールワンせき止めGXの用法用量

下記の1回服用量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15歳以上):2錠:3回
8歳以上15歳未満:1錠:3回
8歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

クールワンせき止めGXの成分分量

6錠(大人1日量)中
L-カルボシステイン 750mg
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 12mg
(添加物)
セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、カルメロースCa、乳糖、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、マクロゴール6000

クールワンせき止めGXの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気等があらわれることがあります。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
5.過量服用・長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人 高熱、排尿困難
(6)次の診断を受けた人
心臓病、高血圧、糖尿病、緑内障、肝臓病、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:腹痛、吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
便秘、口のかわき、眠気、下痢
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

クールワンせき止めGXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。

クールワンせき止めGXに効果効能が似た薬

クールワンせき止めGXが気になる人向けのコラム

市販薬でも要注意!かぜ薬や解熱剤の副作用で重症化のキケン

薬局などで売られている市販薬(一般医薬品)は誰でも手軽に買えるため、「用量・用法さえ正しければ大丈夫」だと考えられています。しかし、市販薬であっても重篤な副作用の危険があることを知っていますか? 消費者庁では、4月8日に市販薬の副作用... 続きを読む

ノロウイルスと牡蠣の関係 食中毒を起こしやすい牡蠣は生食用or加熱用?

ノロウイルスは牡蠣に蓄積している場合がありますが、適切に処理されたものなら安心して食べられます。牡蠣鍋に牡蠣フライと、冬は牡蠣のおいしい時期。正しい情報を身につけて、安全に楽しみましょう。 「生食用=新鮮=安全」ではない 冬になるとニュ... 続きを読む

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

風邪を引きやすい人は体が冷えている? 風邪と冷えの関係|4つの改善法

体が冷えている人は風邪をひきやすい。これには、体にもともと備わっている免疫力が関係しています。冷えの改善法とともにご紹介します。 冷え性の人は免疫力が弱い傾向が 寒いところに長時間いた翌日、風邪をひいたという経験ありませんか。冷えは、... 続きを読む