まわた薬順血五香湯の効能・用量・副作用など

まわた薬順血五香湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 その他
製造販売会社 日野薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

まわた薬順血五香湯の特徴

女性特有の症状には,頭痛・いらいらなどがありますが,特に生理時・産前産後・更年期にはげしく,いくつかの症状が重なってからだ全体に不快感となってあらわれてきます。また現代は,職場や家庭にも冷房が普及しているため,下半身の冷え・頭痛・夏かぜなどに悩む女性も増えています。まわた薬順血五香湯は,これらの症状にはたらく和漢薬を配合したもので,緩やかに作用し,女性特有の症状である月経不順・血の道症・頭痛・手足腰冷込などの諸症状に効果をあらわします。

まわた薬順血五香湯の効能効果

産前産後,血の道,月経不順,頭痛,逆上,眩暈(めまい),つわり,ヒステリー,妊娠浮腫,手足腰冷込,感冒

まわた薬順血五香湯の用法用量

1日1貼を,毎食前或は空腹時及び夜就寝前に次の方法で服用してください。
[年齢:服用:服用方法]
大人(15歳以上):1?3回目(毎食前30分或は空腹時):そのつど約200mL(約1合)の沸湯を加えて振り出し服用する。
大人(15歳以上):4回目(夜就寝前):水約300mL(約1合5勺)を加え,約200mL(約1合)になるまで煎じ服用する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
※定められた用法・用量を厳守してください。

まわた薬順血五香湯の成分分量

1貼(12g)中
トウキ 1g
センキュウ 1.5g
シャクヤク 1g
ボタンピ 0.6g
カンゾウ 0.3g
ケイヒ 1g
ブクリョウ 1g
コウブシ 1g
モッコウ 1g
チョウジ 0.2g
ソウジュツ 1g
シュクシャ 0.4g
チンピ 2g
(添加物)

まわた薬順血五香湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

まわた薬順血五香湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)3回の振り出しの後は,そのつど直ちに本剤をラップ等で包み,次回の服用時まで冷蔵庫等直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

まわた薬順血五香湯に効果効能が似た薬

まわた薬順血五香湯が気になる人向けのコラム

夏の冷えは女性の悩み-解消法と体の内側の「冷え」をチェック

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、活動度が低いこと、月経前後のホルモンバランスの不調などから、一般に「冷え」の悩みは男性より女性に多く聞かれます。
「冷えと悩みに関する意識実態」の調査<花王(株)調べ>では、首都圏に住む10代~50代の... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

背中のツボとマッサージのやり方 一番疲れが出る腰をリフレッシュ

自分では触れない、触れても押せない場所が腰背部です。座りっぱなしや立ちっぱなし、あるいは緊張した1日を過ごしたあとで、背中や腰が痛くなったり、張って重だるくなったりすることがありますね。そんな1日の終わりに、腰背部のマッサージはリラックス... 続きを読む

日本人は腰痛になりやすい? 90秒でできる腰のリフレッシュ

厚生労働省の調査によると、日本人が訴える体の不調のなかで最も多いのは、男性が腰痛、女性が肩こりで、男性・女性を合わせると腰痛がトップでした。特にデスクワークなどでいすに座る時間の長い人、または立ち仕事の人は腰痛を起こしやすく、腰痛までいか... 続きを読む