生葉漢方内服薬の効能・用量・副作用など

生葉漢方内服薬の特徴

生葉漢方内服薬

生葉漢方内服薬

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤 
製造会社 小林製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠   「クラシエ」療方回陽救逆エキス顆粒A   「モリ」シンニョウ錠   「モリ」ゼンチー錠   「モリ」ちくのう錠  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



生葉漢方内服薬の効能・効果

歯肉炎、扁桃炎、化膿性皮膚疾患の初期又は軽いもの

生葉漢方内服薬の用法・用量

次の量を食前または食間に水またはお湯で服用してください 大人(15才以上)1回4錠 1日3回、15才未満 服用しないこと
(用法関連注意)

生葉漢方内服薬の成分・分量

1日量(12錠)中
排膿散及湯エキス 2.9g <原生薬換算量>キキョウ2.0g、カンゾウ1.5g、タイソウ1.5g、シャクヤク1.5g、ショウキョウ0.5g、キジツ1.5g、添加物:無水ケイ酸を含む
(添加物)
無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン

生葉漢方内服薬の使用上の注意と副作用

生葉漢方内服薬の保管上の注意