活歩源の効能・用量・副作用など

活歩源の特徴

活歩源

活歩源

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の漢方製剤
形状 顆粒 
製造会社 小林製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠   「クラシエ」療方回陽救逆エキス顆粒A   「モリ」シンニョウ錠   「モリ」ゼンチー錠   「モリ」ちくのう錠  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



活歩源の効能・効果

体力虚弱で、血色がすぐれないものの次の諸症:下肢の筋力低下、神経痛、関節のはれや痛み

活歩源の用法・用量

大人(15才以上)1回1包 1日3回、15才未満 服用しないこと
(用法関連注意)

活歩源の成分・分量

1日量(3包:5.7g)中
加味四物湯エキス 4.1g <原生薬換算量>トウキ1.5g、センキュウ1.5g、シャクヤク1.5g、ジオウ1.5g、ソウジュツ1.5g、バクモンドウ2.5g、ニンジン1.25g、ゴシツ1.25g、オウバク0.75g、ゴミシ0.75g、オウレン0.75g、チモ0.75g、トチュウ0.75g、添加物:無水ケイ酸を含む
(添加物)
セルロース、ステアリン酸マグネシウム、ショ糖脂肪酸エステル、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、アセスルファムK、乳糖

活歩源の使用上の注意と副作用

活歩源の保管上の注意