婦人の巡りの効能・用量・副作用など

婦人の巡りの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 きゅう帰調血飲第一加減
形状 散剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

婦人の巡りの特徴

本品は、日本人の体質に合うことで知られる一貫堂医学で用いられる活血きょお剤の代表的な処方を製剤化したものです。
気と血の巡りを改善し、産後や月経などに起因するご婦人特有の気になる症状を良い方向へ導いて行きます。

婦人の巡りの効能効果

体力中等度以下のものの次の諸症。ただし産後の場合は体力に関わらず使用できる。
血の道症、月経不順、産後の体力低下

婦人の巡りの用法用量

次の量を食前又は食間に水又は温湯で服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
15才未満7才以上:2/3包:3回
7才未満4才以上:1/2包:3回
4才未満2才以上:1/3包:3回
2才未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

婦人の巡りの成分分量

本品3包(6.0g)は
きゅう帰調血飲第一加減水製エキス 6.9g(乾燥物換算で約3.45gに相当) (トウキ・ジオウ・ブクリョウ・ウヤク・ボタンピ・センキュウ・ビャクジュツ・チンピ・コウブシ各1.0g、タイソウ・ヤクモソウ・トウニン・コウカ・キジツ・ケイヒ・ゴシツ・モッコウ・エンゴサク・シャクヤク各0.75g、ショウキョウ・カンゾウ各0.5g)
(添加物)
アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒプロメロース、デキストリン、乳糖、トウモロコシデンプン、香料

婦人の巡りの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気、食欲不振、胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

婦人の巡りの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

婦人の巡りが気になる人向けのコラム

急死した阿藤快。死因となった「大動脈破裂」とは?【芸能人の健康まとめ】

俳優の阿藤快(69歳)さんが急死されました。 当初、「病死」という報道のみでしたが、共演者やスタッフのコメントから「背中の痛み」「異常な汗」「ヘビースモーカー」という気になるキーワードが見受けられ、その後、死因は「大動脈破裂」による胸... 続きを読む

注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も

子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状ということも。子宮筋腫の症状について、広尾メディカルクリニック院長、斎藤敏祐先生に教えていただきました。 筋腫が大きくなると
肺や心臓まで圧迫する場合も 筋腫は、通常ボー... 続きを読む

急死した前田健。死因となった「虚血性心疾患」とは?【芸能人の健康まとめ】

タレント前田健さんが44歳の若さで急死されました。 発表された死因は虚血性心疾患。突然死を招く危険をはらむ心疾患と、普段からの予防法について取り上げます。 「虚血性心疾患」ってどんな病気? 心臓の筋肉(心筋)に血液を送っている動脈(冠... 続きを読む

その痛み【うつ病】が原因かも?4つのチェックポイントで確認

頭痛、便秘、肩こり、吐き気、動悸、体重減少、腹痛、腰痛、下痢、背部痛、しびれ、筋肉痛、胸痛、歯痛、呼吸困難……これはうつ病によって引き起こされる、身体症状の一部です。 うつ病によって、痛みをはじめ、これほどさまざまな身体症状が現れること... 続きを読む

つるつる美肌になれるアロマテラピー ハト麦パックのやり方

2010年もあっという間に暮れようとしています。夏があまりに暑く長かったせいで、体のメンテナンスもできないうちに、秋を通り越して冬に突入してしまったような感じがします。急激な変化にびっくりしている体に一番必要なことは、時間をかけたボディー... 続きを読む