エスターパップIDの効能・用量・副作用など

エスターパップIDの特徴

●医療用にも使われている成分のインドメタシンが,痛みの元となる物質の生成を抑え,腰痛,関節痛に優れた効果を発揮します。
●伸縮性のよい基布で関節にもピッタリフィットします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤 
製造会社 富士薬品
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



エスターパップIDの効能・効果

肩こりに伴う肩の痛み,腰痛,関節痛,筋肉痛,打撲,捻挫,腱鞘炎(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘など)

エスターパップIDの用法・用量

表面のプラスチックフィルムをはがし,1日2回を限度として患部に貼付して下さい。
(用法関連注意)
<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を守って下さい。
(2)11歳以上の小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)11歳未満の小児には使用させないで下さい。
(4)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用して下さい。
(5)連続して2週間以上使用しないで下さい。
(6)患部が汗等で濡れている場合は,よく拭いて下さい。

エスターパップIDの成分・分量

膏体100g中:1000cm2
インドメタシン 375mg
(添加物)
ゼラチン,エデト酸ナトリウム水和物,マクロゴール,ポリソルベート80,l-メントール,カオリン,酸化チタン,濃グリセリン,D-ソルビトール,ヒマシ油,ポリアクリル酸部分中和物,カルメロースナトリウム,pH調節剤,その他2成分

エスターパップIDの使用上の注意と副作用

(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないで下さい。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)ぜんそくを起こしたことがある人
(3)11歳未満の小児
2.次の部位には使用しないで下さい。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
(3)みずむし・たむし等又は化膿している患部
3.長期連用しないで下さい。
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊娠又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
関係部位:症状
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感
3.5~6日間使用しても症状が良くならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

エスターパップIDの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)未使用分はもとの袋に入れ,チャックをきちんと閉めて下さい。配置期限であっても開封後はなるべく早く使用して下さい。
(5)配置期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。