ヒビスコールフォームの効能・用量・副作用など

ヒビスコールフォームの特徴

クロルヘキシジングルコン酸塩を有効成分とする速乾性の手指消毒剤で、エタノール蒸発後も効果が持続します。
手に取った時、手のひらからこぼれにくいだけでなく、使用感のよい泡状の手指消毒剤です。
本剤の使用による手荒れを軽減する成分として湿潤剤(添加剤)を配合しています。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤 
製造会社 サラヤ
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 0.025%逆性石ケン綿球(0.025%ベンザルコニウム塩化物液含浸綿球)   0.1%アクリノール液「ニッコーA」   0.1%アクリノール液P「ヤクハン」   0.2%アクリノール液KZS   DHC 消毒綿  



ヒビスコールフォームの効能・効果

手指の消毒

ヒビスコールフォームの用法・用量

適量を手に取り、指先までムラなく乾くまで擦り込む。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)目に入らないよう、注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
(3)外用にのみ使用すること。
(4)血液や汚物等が付着している場合には、せっけんでよく洗浄後、水分を除去してから使用すること。

ヒビスコールフォームの成分・分量

100mL中
クロルヘキシジングルコン酸塩 0.2g
(添加物)
エタノール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、アジピン酸ジイソブチル、アラントイン、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル

ヒビスコールフォームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないこと
(1)損傷のある皮ふ。
(2)目の周囲、粘膜等。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位:皮ふ 症状:発疹・発赤、かゆみ

ヒビスコールフォームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)取扱う場合、換気を十分行うこと。
(5)火気に近づけないこと。
(6)使用期限が過ぎた製品は、使用しないこと。
(7)本剤はアルコールを含有しているため、床などの塗装面や衣服などについたりすると変色する場合があるので注意すること。