「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の効能・用量・副作用など

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の基本情報

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の特徴

●江戸時代の臨床家和田東郭の医書「蕉窓方意解(ショウソウホウイカイ)」に抑肝散加芍薬が記載され,さらに黄連を加味した抑肝散加芍薬黄連は,浅田宗伯が最初に用いたとされています。
●神経のたかぶりが強く,イライラしやすい方の神経症,血の道症などに効果があります。

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の効能効果

体力中等度以上をめやすとして,神経のたかぶりが強く,怒りやすい,イライラなどがあるものの次の諸症:神経症,不眠症,小児夜なき,小児疳症(神経過敏),歯ぎしり,更年期障害,血の道症

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の用法用量

次の量を1日3回食間に服用。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):6錠:3回
15才未満7才以上:4錠:3回
7才未満5才以上:3錠:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
〈用法・用量に関連する注意〉
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
〈成分に関連する注意〉
本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので,錠剤の色が多少異なることがあります。

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の成分分量

18錠中
抑肝散加芍薬黄連水製乾燥エキス 2700mg (ブクリョウ3433.2mg,カンゾウ316.8mg,サイコ1056.6mg,センキュウ1426.2mg,ソウジュツ2799mg,チョウトウコウ792mg,トウキ2905.2mg,シャクヤク2112.6mg,オウレン158.4mgより抽出。)
(添加物)
乳糖,セルロース,ステアリン酸マグネシウム

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸の弱い人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部重圧感
その他:全身倦怠感,ふらつき
3.1ヵ月位(小児夜泣きに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)ビンの中の詰物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開栓後は不要となりますのですててください。
(5)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(6)水分が錠剤につきますと,変色または色むらを生じることがありますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れないでください。

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠に効果効能が似た薬

「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠が気になる人向けのコラム

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む