日野実母散の効能・用量・副作用など

日野実母散の特徴

女性特有の症状には,頭痛・いらいらなどがありますが,特に生理時・産前産後・更年期にはげしく,いくつかの症状が重なってからだ全体に不快感となってあらわれてきます。日野実母散は,これらの症状にはたらく和漢薬を配合したもので緩やかに作用し,女性特有の症状である月経不順・血の道症・頭痛及び風邪などの諸症状に効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 日野薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 いけだや實母散   うすきね血の道振薬   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル  



日野実母散の効能・効果

産前産後,血の道,月経不順,頭痛,ヒステリー,引風によし

日野実母散の用法・用量

1日1貼を,3回,毎食前30分に次の通り服用してください。
[年齢:服用:服用方法及び服用量]
16歳以上(大人):1,2回目:そのつど約200mL(約1合)の熱湯を加えて振り出し,その全量を温服する。
16歳以上(大人):3回目:約300mL(約1合5勺)の水を加えて半量になるまで煎じ,その全量を温服する。
8歳以上16歳未満:1,2回目:そのつど約200mL(約1合)の熱湯を加えて振り出し,その半量を温服する。
8歳以上16歳未満:3回目:約300mL(約1合5勺)の水を加えて半量になるまで煎じ,更にその半量を温服する。
4歳以上8歳未満:1,2回目:そのつど約200mL(約1合)の熱湯を加えて振り出し,その1/3量を温服する。
4歳以上8歳未満:3回目:約300mL(約1合5勺)の水を加えて半量になるまで煎じ,更にその1/3量を温服する。
4歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

日野実母散の成分・分量

1貼(12g)中
トウキ 1g
センキュウ 1.5g
シャクヤク 1g
サフラン 0.02g
ボタンピ 0.6g
ニンジン 0.1g
コウカ(ベニバナ) 0.1g
カンゾウ 0.3g
ケイヒ 1g
コウブシ 1g
ブクリョウ 0.8g
モッコウ 1g
ソウジュツ 1g
シュクシャ 0.38g
チョウジ 0.2g
チンピ 2g
(添加物)

日野実母散の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

日野実母散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1回目及び2回目の振り出し後は,そのつどただちにラップ等で包み,次回の服用時まで冷蔵庫等直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。