救心カプセルの効能・用量・副作用など

救心カプセルの特徴

心臓は,血液を全身に循環させる生きたポンプで,この働きが悪くなると,からだの組織や器官は酸素欠乏の状態となり,いろいろな病気をひき起こすようになります。
どうきや息切れは,この生命の原動力ともいえる心臓の異常を知らせるサインです。過度のストレスや急激な温度変化による自律神経の乱れ,過労や睡眠不足,タバコやアルコールののみ過ぎ,肥満,あるいは激しい運動など,さまざまな原因が循環器系や呼吸器系に負担をかけることによって現われます。
また,加齢などで身体の諸機能が低下してくると,これらの症状はいっそう起こりやすくなります。
救心カプセルは,8種の動植物生薬がそれぞれの特長を発揮して,このようなどうきや息切れにすぐれた効きめを現わします。
さらに,身体がだるくて気力が出ないようなときや,暑さなどで頭がボーッとして意識が低下したり,めまいや立ちくらみがしたときの気つけにも効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 カプセル 
製造会社 救心製薬
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アポセーフ錠   いけだや六神丸   ウチダの牛黄   カイキョー100   クミアイ六神丸  



救心カプセルの効能・効果

動悸,息切れ,気付け

救心カプセルの用法・用量

朝夕および就寝前に水またはお湯で服用すること
[年齢:1回量:服用回数]
大人(15才以上):1カプセル:1日3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)カプセルをかんだり,中身を取り出したりせずに,そのまま服用すること
(2)カプセルの取り出し方:カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用すること(PTPシートを誤ってそのままのみ込んだりすると,食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

救心カプセルの成分・分量

3カプセル中
センソ 5mg
ゴオウ 5mg
ジャコウ 1mg
ニンジン 25mg
レイヨウカク末 6mg
真珠 7.5mg
リュウノウ 2.7mg
動物胆 8mg
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,パラベン,ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム

救心カプセルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる〕
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

救心カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと