錠剤の百草の効能・用量・副作用など

錠剤の百草の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 大和製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



錠剤の百草の効能・効果

下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し、水あたり、くだり腹、軟便

錠剤の百草の用法・用量

[年齢区分:1回量:服用回数:服用時期]
15才以上:4錠:1日3回:食後(白湯又は水にて服用)
7才以上15才未満:2錠:1日3回:食後(白湯又は水にて服用)
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)7才以上の小児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意すること。

錠剤の百草の成分・分量

1日量(12錠)中
オウバクエキス 750mg オウバクとして1,875mg
クジン末 500mg
ゲンノショウコ末 500mg
(添加物)
薬用炭、乳糖水和物、バレイショデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、結晶セルロース、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、精製セラック、ヒマシ油

「錠剤の百草」を含むQ&A

もっと見る

錠剤の百草の使用上の注意と副作用

錠剤の百草の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密封して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)