コレスチトールaの効能・用量・副作用など

コレスチトールaの特徴

2つの働きのある有効成分「リボフラビン酪酸エステル」が、血中の高コレステロールを改善します。
1.コレステロールが余分に作られることを抑える
2.余分な血中のコレステロールを体外へ排出する

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 カプセル 
製造会社 ビオメディクス
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アスビタン〈デルマ〉   エバセタミン   エバセチンゴールド   オロチサール   キュティナ  



コレスチトールaの効能・効果

血清高コレステロールの改善

コレスチトールaの用法・用量

次の量を食後に水またはお湯で服用してください
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1カプセル:2回
15歳未満:×服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。
(2)吸湿しやすいため、服用のつどキャップをしっかりしめること。

コレスチトールaの成分・分量

1日量(2カプセル)中
リボフラビン酪酸エステル 60mg
(添加物)
サラシミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、中鎖脂肪酸トリグリセリド、コハク化ゼラチン、グリセリン、カラメル、酸化チタン、赤色102号

コレスチトールaの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部不快感、胃部膨満感、食欲不振、吐き気・嘔吐、胸やけ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること。
下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること。

コレスチトールaの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと。
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること。
(6)乾燥剤は服用しないこと。