ジクリッチZシップの効能・用量・副作用など

ジクリッチZシップの基本情報

ジクリッチZシップ

ジクリッチZシップ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 三友薬品
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ジクリッチZシップの効能効果

関節痛、肩こりに伴う肩の痛み、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘等)、筋肉痛、腰痛、打撲、捻挫

ジクリッチZシップの用法用量

○プラスチックフィルムをはがし、1日1回患部に貼付してください。ただし、1回あたり2枚を超えて使用しないでください。なお、本成分を含む他の外用剤を併用しないでください。
○15歳未満の小児は使用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)1回あたり、24時間を超えて貼り続けないでください。さらに同じ患部に貼りかえる場合は、その貼付部に発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きていないことを確かめてから使用してください。
(3)本剤は、痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤ですので、症状がある場合だけ使用してください。
(4)汗をかいたり、患部がぬれている時は、よく拭き取ってから使用してください。
(5)皮ふの弱い人は、使用前に腕の内側の皮ふの弱い箇所に、1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(6)同じ部位に他の外用剤を併用しないでください。

ジクリッチZシップの成分分量

膏体100g中[1枚10cm×14cm]
ジクロフェナクナトリウム 1g
(添加物)
BHT,ポリビニルアルコール(部分けん化物),ポリアクリル酸部分中和物,D-ソルビトール,グリセリン,ポリソルベート80,ケイ酸アルミン酸Mg,酸化チタン,カオリン,エデト酸Na水和物,pH調節剤,パラベン,N-メチル-2-ピロリドン,l-メントール

ジクリッチZシップの使用上の注意と副作用

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
(3)妊婦または妊娠していると思われる人。
(4)15歳未満の小児。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。
(3)みずむし・たむし等又は化膿している患部。
3.本剤を使用している間は、他の外用鎮痛消炎薬を併用しないでください
4.連続して2週間以上使用しないでください
相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)他の医薬品を使用している人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)パップ剤でかぶれ等を起こしたことがある人。
(5)次の診断を受けた人。
消化性潰瘍、血液障害、肝臓病、腎臓病、高血圧、心臓病、インフルエンザ
(6)次の医薬品の投与を受けている人。
ニューキノロン系抗菌剤、トリアムテレン、リチウム、メトトレキサート、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド剤、利尿剤、シクロスポリン、選択的セロトニン再取り込み阻害剤
(7)高齢者。
2.使用中または使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この個装箱を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:皮ふ]
症状:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、皮ふのあれ、刺激感、色素沈着、水疱、落屑(皮ふ片の細かい脱落)
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください
[症状の名称:ショック(アナフィラキシー)]
症状:使用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれます。
[症状の名称:接触性皮ふ炎、光線過敏症]
症状:貼付部に強いかゆみを伴う発疹・発赤、はれ、刺激感、水疱、ただれ等の激しい皮ふ炎症状や色素沈着、白斑があらわれ、中には発疹・発赤、かゆみ等の症状が全身に広がることがあります。また、日光が当たった部位に症状があらわれたり、悪化することがあります。
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この個装箱を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

ジクリッチZシップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)品質保持のため、未使用分は袋に入れ、開口部のファスナーを閉めて保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用してください。

ジクリッチZシップが気になる人向けのコラム

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法

腱鞘炎(けんしょうえん)は、キーパンチャーやピアニスト、漫画家などの職業病として知られています。腱鞘炎の文字どおり、指を動かす腱と、それを包み込む腱鞘がこすれて炎症が発生している状態をいい、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったり... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

意外に疲れがたまってる、腕や手釘のリフレッシュ方法とは

パソコン作業や家事などで連続して手を使う作業が続くと、肩こり・首こりだけでなく、腕から指先まで重だるく感じられることがあるでしょう。これは、長い時間手を酷使することで首・肩から腕、手にかけての筋肉が疲れ、血液循環が悪くなったために起こって... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-手首と眼の力を抜くゆるゆる体操

ゆるゆると全身をゆるめる「ゆる」体操は、簡単な動作でからだの緊張を取り除き、脳を活性化させる体操法です。
今回は、肩こり、頭痛、疲れ目に有効な体操を紹介します。気軽にできる体操なので、仕事の合間に行って、疲れを蓄積させないようにしまし... 続きを読む