ブルーガーグルCPの効能・用量・副作用など

ブルーガーグルCPの基本情報

ブルーガーグルCP

ブルーガーグルCP

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 含嗽薬
形状 液剤
製造販売会社 昭和製薬
販売会社 カイゲンファーマ
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

ブルーガーグルCPの特徴

口腔内及びのど殺菌・消毒・洗浄
口臭の除去

ブルーガーグルCPの効能効果

口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去

ブルーガーグルCPの用法用量

1回約1mL(1押し)を約50mL(計量カップの目盛まで)の水でうすめ、1日数回うがいしてください。
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を厳守してください。
(必ずうすめて使用してください)
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.本剤はうがい用にのみ使用してください。
4.本剤は使用する時にうすめ、うすめた液は早めに使用してください。

ブルーガーグルCPの成分分量

100mL中
セチルピリジニウム塩化物水和物 0.25g
グリチルリチン酸ジカリウム 0.25g
l-メントール 0.75g
ユーカリ油 0.10g
ウイキョウ油 0.15g
(添加物)
プロピレングリコール、青色1号

ブルーガーグルCPの保管上の注意

●最初に使用するときは、ストッパーを取り外して必ず捨て、薬液が出るまで数回押してください。
●直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(紫外線により退色する可能性があります)
●小児の手の届かない所に保管してください。
●他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります)
●使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
●プラスチック類、塗装面に付着すると変質することがあるので、付着しないように注意してください。付着した場合は直ぐに水で洗い流してください。
●容器が変形するおそれがあるので車の中など高温になる場所に放置しないでください。
●火気に近づけないでください。

ブルーガーグルCPが気になる人向けのコラム

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか?
多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。
口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-口臭の8割はお口の健康トラブル

お口の健康が全身の健康に関係があることは、よく耳にすると思います。そして、お口の健康はQOL(生活の質)の向上にも関係があります。
我々の研究では、80歳でほとんどの歯が残っている方は、93%が「何でもおいしく食べられる」、67%が「食... 続きを読む

口臭や感染症リスクがあるドライマウスの原因と対策

ドライマウスとはどんな疾患

口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう、英: Xerostomia)は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。ドライマウスとも呼ばれる。現在では自覚症状として口腔乾燥を訴えるすべ... 続きを読む

口臭の原因になるドライマウスが若者に増えている-症状や予防法

口の中が乾く、ネバネバする、舌がヒリヒリする、唾液が出ない、食べ物が飲み込みにくい、舌がもつれて話しづらい、口臭が気になる、食べ物の味がよくわからない、急にむし歯が増えたといった症状はありませんか?
このような症状は「ドライマウス」によ... 続きを読む