イブロック冷感Sの効能・用量・副作用など

イブロック冷感Sの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 帝國製薬
販売会社 天野商店
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

イブロック冷感Sの特徴

●イブロック冷感Sは,消炎鎮痛効果と冷湿布作用をあわせもったパップ剤です。
●イブロック冷感Sは,3種の有効成分(サリチル酸メチル,l-メントール,dl-カンフル)の働きで,筋肉痛,ねんざ,打ち身,腰痛などによく効きます。
●イブロック冷感Sは,粘着性にすぐれた基剤と伸縮性のある基布を使用していますので,ひじやひざにもピッタリフィットします。

イブロック冷感Sの効能効果

腰痛,打撲,捻挫,肩こり,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,しもやけ,骨折痛

イブロック冷感Sの用法用量

表面のライナーをはがし,患部に1日1?2回貼付してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)汗をかいたり,患部がぬれているときは,よく拭き取ってから使用してください。
(4)皮膚の弱い人は,本剤を同じ所に続けて使用しないでください。(使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。)

イブロック冷感Sの成分分量

膏体100g(1,000cm2)中
サリチル酸メチル 0.5g
dl-カンフル 0.5g
l-メントール 0.3g
1枚 10cm×14cm
伸縮性
(添加物)
カルメロースナトリウム(CMC-Na),D-ソルビトール,グリセリン,ポリアクリル酸部分中和物,ポリビニルアルコール(部分けん化物),エデト酸ナトリウム,酸化チタン,pH調節剤,その他3成分

イブロック冷感Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イブロック冷感Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。また,未使用分はもとの袋に入れ,開封口をきちんと二重に折り曲げて保管してください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

イブロック冷感Sが気になる人向けのコラム

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

ハッカ(薄荷)

ハッカは全世界で栽培されるシソ科のハーブで、英名はミント。大きく分けて、昔から日本で栽培されていた日本ハッカと、外来種である西洋ハッカ(ペ パーミント)があります。 「 ハッカの葉をもむと、スーッとする独特な清涼感が感じられます。これはハ... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む

腰痛・肩こりに効く! 座ったままできる簡単ストレッチ

ストレッチには、動作を止めてじっくりと筋肉を伸ばす「スタティック・ストレッチ」と、筋肉を伸縮させて血流をよくする「ダイミック・ストレッチ」があります。
スタティック・ストレッチは、20〜30秒間かけてゆっくりと筋肉を伸ばします。また、ダイ... 続きを読む

腰痛の原因と予防法-ギックリ腰になったら?4つの簡単対処法

いまや人々の健康上の関心事は「メタボリックシンドローム」に集まっている観がありますが、実際に症状を訴える人が多いのは、実は「腰痛」です。
厚生労働省による最も新しい調査では、「腰痛」は男性では1000人中82.0人が症状を訴えて第1位、... 続きを読む