ラカルトメディキュアーの効能・用量・副作用など

ラカルトメディキュアーの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 歯痛・歯槽膿漏薬
形状 その他
製造販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ラカルトメディキュアーの特徴

クロルヘキシジン塩酸塩・ヒノキチオール配合
●歯槽膿漏・歯肉炎の初期は、はっきりした自覚症状が少ないので、つい症状を悪化させてしまいがちです。いつまでも自分の歯でおいしく食事をとるためにも早めの手当てが大切です。
●ラカルトメディキュアーは、歯ぐきがゆるんではれたり、赤くなったりしているときに有効な歯槽膿漏・歯肉炎のための医薬品です。
≪ラカルトメディキュアーの特長≫
●2つの殺菌成分
クロルヘキシジン塩酸塩とヒノキチオールが、口中の細菌に対してすぐれた殺菌効果を発揮し、歯槽膿漏・口臭を原因から改善します。
●症状を改善する消炎成分
すぐれた消炎成分グリチルレチン酸が歯肉の赤味・はれ・ウミをともなう炎症状態を改善します。
●ビタミンEも配合
血管を丈夫に保ち血行を促進し、歯肉組織の新陳代謝に深く係るビタミンEも配合しています。
●さわやかな使用感
泡立ちをおさえたペパーミント風味で、口中がスッキリし、さわやかな使用感が得られます。

ラカルトメディキュアーの効能効果

歯槽膿漏・歯肉炎にともなう諸症状(歯肉の発赤・はれ・うみ、口臭)の緩和

ラカルトメディキュアーの用法用量

本品0.2?0.5g(約1cm前後)を歯ブラシにつけて、1日2回(朝・晩)歯肉をマッサージするように磨いてください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)歯科用にのみ使用してください。

ラカルトメディキュアーの成分分量

100g中
クロルヘキシジン塩酸塩 100mg
ヒノキチオール 100mg
グリチルレチン酸 300mg
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE酢酸エステル) 2000mg
(添加物)
無水ケイ酸、D-ソルビトール、乳酸Al、ヒドロキシエチルセルロース、マクロゴール、メタケイ酸アルミン酸Mg、リン酸水素Ca、エデト酸Ca/2Na、パラベン、ウイキョウ油、サッカリンNa、ハッカ油、l-メントール、香料

ラカルトメディキュアーの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.5?6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ラカルトメディキュアーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所にキャップをよくしめて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限をすぎたものは使用しないでください。

ラカルトメディキュアーが気になる人向けのコラム

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

口臭や感染症リスクがあるドライマウスの原因と対策

ドライマウスとはどんな疾患

口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう、英: Xerostomia)は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。ドライマウスとも呼ばれる。現在では自覚症状として口腔乾燥を訴えるすべ... 続きを読む

タバコとお口の健康‐受動喫煙による子どもの虫歯や色素沈着

人は生まれたときには、タバコを吸うことを知りません。しかし、からだへの害について何となく知りながら、多くの子どもたちが、20歳になれば合法であるタバコを20歳になる前に吸い始めます。「タバコは害になる」、「タバコはからだによくない」という... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか?
多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。
口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む