コバラミンEXの効能・用量・副作用など

コバラミンEXの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 米田薬品工業
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アインゴールド錠   アクテージSN錠   アスパグロンEXP   あゆみローヤルゴールド   アリアンナゴールド  



コバラミンEXの効能・効果

次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労
「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師または薬剤師に相談すること」
次の場合のビタミンB1B6B12の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時

コバラミンEXの用法・用量

次の量を食後に水またはお湯でかまずに服用してください
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):2~3錠:1回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸湿しやすいため、服用のつどキャップをしっかりしめること

コバラミンEXの成分・分量

3錠中
フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体) 109.16mg フルスルチアミンとして100mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 1,500μg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE) 103.58mg dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして100mg
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
乳糖、ゼラチン、セルロース、無水ケイ酸、カルメロースCa、タルク、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、アラビアゴム、炭酸Ca、白糖、酸化チタン、リボフラビン、カルナウバロウ、乳酸Ca

コバラミンEXの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、口内炎、胃部不快感
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
軟便、下痢、便秘
4.1ヶ月くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがある。出血が長く続く場合は、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

コバラミンEXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
(6)乾燥剤は服用しないこと