コバガードの効能・用量・副作用など

コバガードの特徴

1.2つの生菌が生きたまま届き、大腸内を善玉菌優位な環境に近づける
納豆菌と乳酸菌が善玉菌を増やし、悪玉菌を抑えます
2.胃の働きを高め、大腸への負担を軽減
複合消化酵素(ビオヂアスターゼ)が、胃もたれや消化不良による胃部・腹部の膨満感を緩和します
センブリ末、ウイキョウ末、ケイヒ末が、弱った胃の働きを高めます
3.おなかにたまったガスを除去し、ハリを改善する
ジメチルポリシロキサンが、腸内にたまったガスの排出を促します

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤 
製造会社 米田薬品工業
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 「モリ」ケンイセイチョウ薬   あい気散   アルファ大草胃腸錠   アルファ大草胃腸薬(分包)   イーガードグリーン  



コバガードの効能・効果

整腸(便通を整える)、軟便、便秘、胃部・腹部膨満感、消化不良、消化促進、もたれ、胃弱、食欲不振、食べ過ぎ、飲み過ぎ、はきけ、嘔吐、胸やけ、胸つかえ

コバガードの用法・用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):3錠:3回
11才以上15才未満:2錠:3回
11才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸湿しやすいため、服用のつどキャップをしっかりしめること
(3)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること

コバガードの成分・分量

1日量(9錠)中
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、バレイショデンプン、l-メントール、セルロース、無水ケイ酸、ステアリン酸Mg

コバガードの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の診断を受けた人
甲状腺機能障害
(4)抗凝血剤「ワルファリン」を服用している人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
便秘、下痢
4.2週間くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

コバガードの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
(6)乾燥剤は服用しないこと