ティファ下痢止めの効能・用量・副作用など

ティファ下痢止めの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 その他
製造販売会社 ツキオカフィルム製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ティファ下痢止めの特徴

ティファ下痢止めは食べすぎ、飲みすぎや寝冷えによる下痢にすぐれた効きめをあらわすロペラミド塩酸塩を、薄いフィルム状の製剤に閉じ込めたお薬です。かさばらない薄型の製剤・包装ですので、財布や定期入れなどにもはさんで携帯でき、外出時など場所を選ばずに口の中で溶かし、水なしでのむことができます。

ティファ下痢止めの効能効果

食べ過ぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢

ティファ下痢止めの用法用量

下記の量を口中で溶かして服用してください。ただし、服用間隔は4時間以上あけてください。
また、下痢が止まれば服用しないでください。
〔年齢:1回量:1日服用回数〕
成人(15歳以上):1枚:2回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)このフィルム剤は以下のように服用してください。
(1)アルミシートを両方向へ広げるように開き、そのまま口に近付け、直接お薬(フィルム)を口に含みます。(アルミシートごと飲み込まないでください。食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながるおそれがあります。)
(2)お薬(フィルム)を舌の上にのせ、だ液で湿らせ、溶けた後だ液のみで服用することができます。
(3)このお薬(フィルム)はすぐに口の中で溶け出しますが、万一、のどにはりついてしまった場合には水で流し込んでください。また、だ液が少なく服用しにくいときは水を口に含み、溶かしながら服用してください。

ティファ下痢止めの成分分量

2枚中
ロペラミド塩酸塩 1.0mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、濃グリセリン、ポリソルベート80、トウモロコシデンプン、スクラロース、アセスルファムカリウム、ハッカ油、酸化チタン

ティファ下痢止めの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)15歳未満の小児。
2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気があらわれることがあります。)
4.服用時は飲酒しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります。)
(4)便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人。
(本剤の服用により便秘が発生することがあります。)
(5)妊婦または妊娠していると思われる人。
(6)授乳中の人。
(7)高齢者。
(8)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(9)次の症状のある人。
口のかわき。(本剤が舌の上にとどまらないほど口の中がかわいている状態。)
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:便秘、腹部膨満感、腹部不快感、吐き気、腹痛、嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合には直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
イレウス様症状(腸閉塞様症状):激しい腹痛、ガス排出(おなら)の停止、嘔吐、腹部膨満感を伴う著しい便秘があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘
4.2?3日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ティファ下痢止めの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)アルミシートや中身のフィルムが破損しないように、保管及び携帯に注意してください。
(5)アルミシート開封後はすみやかに服用してください。
(6)使用期限(外箱及びアルミシートに記載)を過ぎた製品は服用しないでください。

ティファ下痢止めが気になる人向けのコラム

骨盤のゆがみを取れば美脚になれる? 3つのエクササイズ

夏の装いになると、姿勢の良し悪しが目につきやすくなります。背すじがスッと伸びた人は大勢の人の中にいても目立ちますが、それは姿勢の良さばかりではなく、その人が発するはつらつさや健康感も理由かもしれません。
というのは、良い姿勢を保っていら... 続きを読む

誰かにやってあげたくなる手のツボマッサージ-イラスト解説付き

「自分でできる簡単ツボマッサージ」も今回で6回目。これまでは、目の疲れや肩こり・首こり、むくみ、冷えからくる腰や肩の痛みなどの対策として、つらくなったときすぐに自分でできるツボマッサージを紹介してきました。今回から、パートナーをはじめ、家... 続きを読む

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む

ほくろができるまで-ほくろに似た皮膚のがん・メラノーマを解説

誰の顔にも1つや2つは見つかりそうなほくろ。その語源は古くは「ははくそ」。母の胎内でくっついたカスと考えられていました。鎌倉時代には「ははくろ」ともいわれ、それが転じて「はうくろ」という言い方も生まれ、今のように「ほくろ」と変化したのは室... 続きを読む

エゾウコギ

エゾウコギとは、北海道の東部に自生する植物です。朝鮮人参と同じウコギ科で、中国やシベリア北東部など限られた寒冷地に自生しています。中国では古くから漢方薬として使われていました。
日本で研究されはじめたのは約20年前ですが、生薬として ... 続きを読む