ノンバクト-Eの効能・用量・副作用など

ノンバクト-Eの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消毒薬
形状 その他
製造販売会社 昭和電工ガスプロダクツ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ノンバクト-Eの特徴

有効成分である酸化エチレンの微生物に対する殺菌作用は、酵素系核酸のalkylationによるもので、核酸のcarboxyl基、amino基、sulfhydryl基、hydroxyl基などと
反応して微生物を不活性化又は死滅させると一般的に考えられている。

ノンバクト-Eの効能効果

病院でのベット、衣類、プラスチック、ゴム製品の器具類、注射器、アンプル、外科及び眼科領域で利用される器械類の殺菌

ノンバクト-Eの用法用量

殺菌ガスを用いる殺菌処理には主として専用殺菌装置が用いられその標準処理操作は下記処理操作順序による
(1) 殺菌ガス充てん容器を導管により殺菌装置に連結する。
(2) 温水循環ポンプを起動してチャンバー外套に温水を循環しチャンバー内を温度50℃に保つ。
(3) チャンバー内が温度50℃に達したならばチャンバー内に殺菌しようとする物品を収納する。
(4) チャンバー内の空気を排出するために真空ポンプを起動しチャンバー内を真空650mmHgにする
(5) ガス供給弁を開き圧力100kPaG(1kg/cm2G)に達するまでチャンバー内に殺菌ガスを送入する。
(6) チャンバー内を温度50℃、圧力100kPaG(1kg/cm2G)で16時間保持し殺菌処理を行う。
(7) 殺菌処理が終われば排気弁を開きチャンバー内のガスを0kPaG(1kg/cm2G)になるまで放出する。
(8) チャンバー内に残留するガスを放出するため真空ポンプを起動しチャンバー内を真空650mmHgにする。
(9) 空気注入弁を開きチャンバー内に空気を送入し、チャンバー内圧力を0kPaG(0kg/cm2G)にする。
(10) チャンバー内にガスが無くなるまで前記8,9の操作を反復し、チャンバー内の残留ガスがないことを確認したる后殺菌された物品を取り出す。
(11) この操作によって殺菌された物品は一定期間放置し、酸化エチレンの残留がないことを確認したる后使用しなければならない。
(用法関連注意)
この操作によって殺菌された物品は一定時間放置し、酸化エチレンの残留がないことを確認したる后使用しなければならない。

ノンバクト-Eの成分分量

本品は酸化エチレン10%を含む
酸化エチレン 0.1
二酸化炭素 0.9
(添加物)
二酸化炭素

ノンバクト-Eの使用上の注意と副作用

重要な基本的な注意
(1) ポリ塩化ビニール製で放射線滅菌したものについては、本品による再滅菌をしない。
(2) 被滅菌物中の残留酸化エチレンによる障害を避けるため、滅菌終了後はエアレーション等によりガス置換を十分に行う。
(3) 酸化エチレンの吸入あるいは曝露により頭痛、吐き気、呼吸困難、チアノーゼ、肺浮腫などの急性障害及び体重減少、強い疲労感、筋力低下などの慢性障害を起こすことがあるので注意する。
(4) 蒸気や乾熱滅菌法が出来ないものに限ってガス滅菌法を使用する。
その他の注意
(1)急性毒性
高濃度の酸化エチレンは粘膜を刺激し、中枢神経系の機能を低下させる。また、急性中毒の遅発症状としては吐き気、下痢、肺浮腫、麻ひ、けいれん等を起こし、死に至ることのある。
(2)慢性毒性
1) 10ppm、33ppm及び100ppmの酸化エチレンをFischer系344ラットに吸入させ、骨髄細胞の染色体異常の誘発と酸化エチレンの慢性毒性作用を検査し、奇形学的作用は認められなかったが、100ppmの濃度で1腹当りの胎仔数の減少と妊娠期間の延長に統計学的有意性が認められた
との報告がある。
2) Hogstedtらは733人の酸化エチレンの曝露を受けた人の疫学調査を行った結果広範囲で断続的な低濃度の酸化エチレン曝露により悪性腫瘍
になる危険が増えていると警告している。
(3)突然変異誘発性
1) 種々の原核細胞(バクテリア)系や真核細胞系(動物や高等植物)による結果は、酸化エチレンが突然変異を起こすことを示している。
2) マウスの骨髄細胞や精巣細胞の染色体の突然変異を誘発すること示した報告がなされている。
(4)発がん性
酸化エチレンは人に対して発がん性の疑いがある物質であり、以下のような評価を受けている。
・日本産業衛生学会・・・・・・・・・・・・・・・・第1群(人に対して発がん性のある物質)
・ACGIH(米国産業衛生監督官会議)・・A2(人に対して発がん性が疑われる物質)
・IARC(国際ガン研究機関)・・・・・・・・・・グループ1(人に対して発がん性がある物質)
その他の注意
酸化エチレンは人に対して発がん性の疑いのある物質である。

ノンバクト-Eの保管上の注意

一般的な注意
(1) 使用場所には換気扇などを取り付けて換気をよくし、作業環境における酸化エチレン濃度を許容濃度以下に保つ。
(2) 使用場所には酸化エチレン検知管(測定範囲0.1?100ppm)などを備えておき、滅菌装置の開放時などに作業環境を調べ、作業管理を行う。
(3) 使用場所などには漏洩検知警報器を設置することが好ましい。
(4) 酸化エチレンを常時使用する場所には水による消火設備があることが好ましい。
(5) 酸化エチレンは特定第二類物質及び特別管理物質のため、特定化学物質障害予防規則に従って取扱う。
滅菌作業上の注意
(1) 滅菌装置は定期的に漏洩検査を行う。
(2) 滅菌装置の操作は安全な滅菌作業に関して教育訓練を受けた者が装置の取扱説明書に従って行う。
(3) 滅菌が達成されたことを確認する手段を講じておく。
(4) 滅菌後の被滅菌物を保管する部屋などの換気は十分にする。
取扱者への注意
(1) 人体には使用しないこと。
(2) 必要なとき以外は滅菌装置の付近にいない。
(3) ガス状の本品を吸引しないよう注意する。
(4) 液状の本品が目に入ったり手足についたときは多量の水で洗い、医師の手当てを受ける。
(5) 酸化エチレン濃度が高い場所にやむを得ず入らなければならないときは空気呼吸器(JIS T 8155)を着用する。また、有機ガス用防毒マスク(JIS T 8152)を使用する場合は適用範囲に注意する。
(6) 本品を多量に吸入したときは、清浄な空気の場所に移し、直ちに人工呼吸、酸素吸入を行い医師の手当てを受ける。
被滅菌物に残留したガスに対する注意
滅菌処理した医療機器に残留する酸化エチレンや、二次生成物であるエチレンクロルヒドリン、エチレングリコールにより、それを使用した患者に発赤、腫脹その他の過敏症状、気道炎症、肺浮腫、溶血反応、血球異常などが起こったとの報告があ る。このため滅菌処理後のガス置換は十分に行う。
容器取扱上の注意
(1) 容器は転倒させたり転落させたりしないように、また衝撃を与えないよう静かに取扱う。
(2) 容器は、直射日光、熱源や電気装置の近くを避け40℃以下で使用する。
(3) 使用後は必ずバルブを閉じ、保護ナットを取り付けて空容器置場に保管する。
(4) 容器は転倒転落しないよう鎖又はロープなどで固定し、直立させ使用する。
(5) 容器安全弁(ガス取り出し口と反対側の小さな六角ナット)は絶対にいじらない。
貯蔵上の注意
(1) 容器は「高圧ガス容器置場」であfることを明示した一定の場所に貯蔵し、酸素、亜酸化窒素の容器と同一場所は避ける。
(2) 容器は直射日光を避け、通風・換気のよいところに貯蔵し、常に40℃以下に保つ。特に蒸気滅菌器、蒸気管の近くに置かない。
(3) 容器は充てん容器と空容器を区分して置く。
(4) 容器置場には「火気厳禁」の表示を行い消火器を常備する。
(5) 容器置場の周囲2m以内には火気又は引火性・発火性のもの、腐食性のある化学薬品等を置かない。

ノンバクト-Eに効果効能が似た薬

ノンバクト-Eが気になる人向けのコラム

器具も何もいらない腰ひねりダイエット

腰ひねり
腰ひねりダイエットは必要な器具などはなにもない、体一つで行うことのできるダイエット方法です。
女性の場合、特に気になるウエスト周りのお肉を、効果的に落とすことが出来るので、お腹周りの脂肪が気になる人におすすめです。
さらに... 続きを読む

スティーブ・ジョブズから学ぶ自分のブランドの確立の仕方とは?

ipodやMacで有名なアップル社のCEO、スティーブ・ジョブズは、その経営手腕のみならず、人の心に深く響くスピーチや言葉の数々においても世界中から評価されています。 彼の言葉には、弱みも強みに変える生き方や一貫したビジョンが反映されていま... 続きを読む

大豆イソフラボン

豆腐や豆乳など大豆製品にたくさん含まれているイソフラボン。これは、植物にのみ存在する抗酸化物質「フラボノイド」の一種です。緑茶のカテキン、タマネギのケセルチン、ソバのルチンなどもフラボノイドの一種で、体にいい機能性成分として注目が集まって... 続きを読む

乳がんを予防するには-生活習慣をあらためるだけでも効果アリ

10月は乳がん月間です。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、2011年に日本で新たに乳がんと診断された女性は約72,500人、生涯で乳がんにかかるリスクは12人に1人と高く、現在日本人女性がかかるがんで最も... 続きを読む

お花見にもって行きたい! お弁当のアレンジ-ピンチョスレシピ

春到来!
春の始まりはなんと言ってもお花見ですね。今年、桜の開花は早め、関東から西では満開を迎えたところも多いですが、北国ではこれからが本番。そして桜のあとは、新緑とともにつつじやれんげ、チューリップ、ポピーなど美しい春の花々が次々と見ご... 続きを読む