アレマンエースの効能・用量・副作用など

アレマンエースの特徴

アレマンエースは「花粉,ハウスダスト(室内塵)」などによる「くしゃみ,鼻みず,鼻づまり」のような花のアレルギー症状及び「じんましん,湿疹・かぶれ」による「皮膚のはれ,かゆみ」などの深いな症状をやわらげます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他のアレルギー用薬
形状 カプセル 
製造会社 オール薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アクトマン   アスミンガードAZ   アゼラスチンソフトカプセルEX   アレジンAZ錠   クラリチンEX  



アレマンエースの効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような花のアレルギー症状の緩和:くしゃみ,鼻水,鼻づまり
じんましん,湿疹・かぶれによる次の症状の緩和:皮膚のはれ,かゆみ

アレマンエースの用法・用量

下記の1回量を朝食後及び就寝前に見ず又は温湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1カプセル:2回
15才未満:使用しないこと。
ただし,鼻炎の症状に用いる場合は1週間,皮膚の症状に用いる場合は3日間服用しても症状の改善がみられない場合には服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2カプセルの取り出し方(シートごと飲み込むとのどに突き刺さるなど思わぬ事故につながることがあります。)

アレマンエースの成分・分量

2カプセル中
アゼラスチン塩酸塩 2.0mg
(添加物)
プロピレングリコール脂肪酸エステル,ポリオキシルヒマシ油,コハク化ゼラチン,グリセリン,緑色3号

アレマンエースの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
(本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人)
(2)15才未満の小児
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.本剤を使用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬,鼻炎用内服薬を含む),抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗り物酔い薬,催眠鎮静薬)
3.服用時は飲酒しないでください。
4.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。(眠気があらわれることがあります。)
5.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合には授乳を避けてください。
6.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)高齢者
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)アトピー性皮膚炎又はアトピー性素因があると診断を受けた人
(5)気管支ぜんそくの診断を受けた人
(6)発熱やせき,黄色で粘りのある鼻みずなどのかぜ症状のある人
(7)鼻炎の場合でアレルギー性鼻炎か,かぜによる鼻炎かどうかわからない人
又は,皮膚の症状が「じんましん,湿疹・かぶれ」によるものか,虫刺されや化膿等他のげんいんによるものかわからない人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤
消化器:悪心・嘔吐,口内及び口周囲の荒れ,食欲不振,胸やけ,胃部不快感,腹痛
精神神経系:倦怠感,めまい,頭痛,手足のしびれ
肝臓:全身のだるさ,皮膚や白目が黄色くなる
その他:顔面のほてり,動悸,息苦しさ,鼻乾燥,頻尿,排尿困難,血尿,浮腫,月経異常
(2)鼻炎の症状に用いる場合は1週間,皮膚の症状に用いる場合は3日間服用しても症状の改善がみられない場合
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
口のかわき,便秘,下痢,眠気
4.鼻炎症状の場合で,2週間以上服用する場合は医師又は薬剤師に相談して服用してください。
5.じんましん,湿疹・かぶれなどの皮膚の症状の場合で,症状の軽減がみられるが,繰り返し症状が発現するなど1週間以上症状が継続する場合は医師又は薬剤師に相談してください。

アレマンエースの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(4)使用期限の過ぎた製品は,服用しないでください。