はらのくすり 成田山一粒丸の効能・用量・副作用など

はらのくすり 成田山一粒丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 錠剤
製造販売会社 三和薬品工業
販売会社 一粒丸三橋薬局
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

はらのくすり 成田山一粒丸の特徴

「はらのくすり 成田山一粒丸」は殺菌作用のはか,胃腸の働きを助ける生薬を配合した下痢止め薬です。小さな丸い粒で大変服用しやすくなっています。
下痢,食あたり等の症状には,はらのくすり 成田山一粒丸を服用されると共に,十分に水分を補給して体力の低下を予防して下さい。

はらのくすり 成田山一粒丸の効能効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便

はらのくすり 成田山一粒丸の用法用量

食前に水または白湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):30粒:3回
11歳以上15歳未満:20粒:3回
8歳以上11歳未満:15粒:3回
5歳以上8歳未満:10粒:3回
3歳以上5歳未満:8粒:3回
3歳未満の乳幼児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
(2)3歳以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意して下さい。

はらのくすり 成田山一粒丸の成分分量

90粒中
沈降炭酸カルシウム 450mg
チョウジ末 113mg
コショウ末 150mg
ケイヒ末 150mg
オウバク末 467mg
アセンヤク末 790mg
ヨウバイヒ末 200mg
カンゾウ末 467mg
(添加物)
l-メントール,d-ボルネオール,薬用炭,コメデンプン,寒梅粉

はらのくすり 成田山一粒丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人
(3)高齢者
(4)次の診断を受けた人 甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
便秘
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

はらのくすり 成田山一粒丸の保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)表面に結晶が見られることがありますが,これは成分の一部ですので服用に差し障りはありません。

はらのくすり 成田山一粒丸に効果効能が似た薬

はらのくすり 成田山一粒丸が気になる人向けのコラム

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

おなかが空くとグーッと鳴るのはなぜ? 腹鳴のメカニズムと抑える方法

おなかが空いているとき、よくググーッと鳴ることがあります。腹鳴(ふくめい)といい、人前で出てしまうとちょっと恥ずかしい。自分の意思では抑えにくい腹鳴は、どうして起こるのでしょうか。
空腹で腹鳴が出るときは、胃から十二指腸、小腸にかけて... 続きを読む

アーモンドを食べてお通じ改善ダイエット!

アーモンド
ダイエット中の食事はどうしても味気ない野菜中心になってしまう事が多く、ダイエット食のまずさからダイエット自体を中断してしまう人も居るようです。

今回ご紹介する「アーモンドダイエット」は、香ばしくて美味しいアーモンドを食... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット4 くびれをつくるエクササイズ

ボディメンテナンス・ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。今回は腹筋(内腹斜筋、外腹斜筋、腹直筋)を鍛えるエクササイズを紹介します。腹筋が弱まると、体の重心が背中にかかるの... 続きを読む

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む