エスパーロン感冒薬の効能・用量・副作用など

エスパーロン感冒薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かぜ薬(内用)
形状 散剤
製造販売会社 渡辺薬品工業
販売会社 イー・エス・ピー薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

エスパーロン感冒薬の特徴

「かぜ」にかかると全身に倦怠感が強く現われ、お仕事や家事など日常生活に支障をきたし、さらに体力を消耗して思わぬ病気をひき起すもとともなります。
エスパーロン感冒薬は古くから「かぜ」に用いられている漢方薬「香蘇散」を配合した非ピリン系のかぜ薬です。「香蘇散」をはじめ各成分が協力的に働いて、鼻水、鼻づまり、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛などの「かぜの諸症状」を緩和します。

エスパーロン感冒薬の効能効果

かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

エスパーロン感冒薬の用法用量

次の量を食後約30分以内に服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上) 1回1包 1日3回
11才以上15才未満 1回2/3包 1日3回
7才以上11才未満 1回1/2包 1日3回
3才以上7才未満 1回1/3包 1日3回
3才未満 使用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
〈2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

エスパーロン感冒薬の成分分量

3包中
dl‐メチルエフェドリン塩酸塩 45mg
エテンザミド 600mg
アセトアミノフェン 540mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5mg
無水カフェイン 75mg
香蘇散 2,200mg (コウブシ末800mg、チンピ末600mg、ソヨウ末400mg、カンゾウ末200mg、ショウキョウ末200mg)
(添加物)
カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ポビドン,タルク,安息香酸

エスパーロン感冒薬の使用上の注意と副作用

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないこと
他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと(眠気等があらわれることがある)
4.服用前後は飲酒しないこと
5.長期連用しないこと
1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)水痘(水ぼうそう)若しくはインフルエンザにかかっている又はその疑いのある乳・幼・小児(15才未満)
(5)高齢者
(6)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(7)次の症状のある人
高熱、排尿困難
〈8)次の診断を受けた人
甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
その他:過度の体温低下
まれに下記の重篤な症状が起こる場合があります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
間質性肺炎:階段を登ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
腎障害:発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢等があらわれる。
再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白く見える、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
口の渇き、眠気
4.5?6回服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し、この文書を持って、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

エスパーロン感冒薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れかえないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

エスパーロン感冒薬に効果効能が似た薬

エスパーロン感冒薬が気になる人向けのコラム

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまった... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その3 禁煙のすすめ

前回の『二人のための「イクメン」大作戦
2』に引き続き、「夫に知っておいてもらいたい7カ条」の5~7について、詳しく書きます。ちなみに7カ条は次のようなものでした。 1.妊娠したことを周りに言うのはちょっと待って 2.妊娠にはトラブルが... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む