ギンセンコZの効能・用量・副作用など

ギンセンコZの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 大和合同製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ギンセンコZの特徴

和漢生薬
14種類の有効成分配合
滋養強壮
虚弱体質

ギンセンコZの効能効果

○滋養強壮
○虚弱体質
○肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ギンセンコZの用法用量

成人(15歳以上)1日1回1本(50mL)を服用する。
15歳未満は服用しないでください。
(用法関連注意)
◎用法及び用量を厳守してください。(他のビタミン等を含有する製品を同時に服用する場合には過剰摂取等に注意してください。)

ギンセンコZの成分分量

1瓶(50mL)中
コウジン乾燥エキス 100mg
ゴウオウチンキ 200μL
インヨウカク流エキス 250μL
オウセイ流エキス 250μL (黄精250mg)
ローヤルゼリーチンキ 50mg
トウキ流エキス 200μL
サンシュユ流エキス 200μL
ショウキョウ流エキス 200μL
クコシ流エキス 200μL
オウギ流エキス 300μL
リボフラビン 2mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
無水カフェイン 50mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 1500mg
(添加物)
デキストリン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,香料,クエン酸,dl-リンゴ酸,安息香酸ナトリウム,アセスルファムカリウム,スクラロース,果糖ブドウ糖液糖(アルコール0.45mL以下)

ギンセンコZの使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
◎服用後,次の症状があらわれた場合。皮膚:発疹/消化器:胃部不快感
◎しばらく服用しても症状がよくならない場合。

ギンセンコZの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
2.小児の手のとどかない所に保管してください。
3.使用期限のすぎた製品は服用しないでください。
4.本剤は生薬成分を配合していますので,沈殿を生じることがありますが,変質したものではありません。よく振って服用してください。
5.加温・冷凍はさけてください。

ギンセンコZが気になる人向けのコラム

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

アロマオイルで風邪・インフルエンザを予防しよう-アロマの使い方

いにしえから伝わる薬草(ハーブ)の知恵には、驚かされるものがいくつもあります。ハーブから抽出したエキス(精油:エッセンシャルオイル)の香りを嗅ぐことで、さまざまな作用が得られます。
たとえば、ローズマリーは心を陽気にするハーブといわれ、... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む