ラナケインaの効能・用量・副作用など

ラナケインaの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ラナケインaの効能効果

かゆみ、皮ふ炎、かぶれ、じんましん、虫さされ、しっしん、ただれ、あせも、しもやけ

ラナケインaの用法用量

1日数回、適量を患部に塗布してください
(用法関連注意)

ラナケインaの成分分量

100mL中
ジフェンヒドラミン 1.0g
リドカイン 2.0g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
(添加物)
イソステアリン酸、ミリスチン酸イソプロピル、アジピン酸ジイソプロピル、流動パラフィン

ラナケインaが気になる人向けのコラム

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

遅延型フードアレルギーってなに? じわりとやってくるアレルギー症状

「好きだから」「健康に良いから」と毎日のように食べているものはありませんか?
実は、その食材がフードアレルギーの原因になっている可能性があります。
フードアレルギーには、発作やじんましん、かゆみなどの症状が食べた直後にあらわれる「即時... 続きを読む