ホグナースの効能・用量・副作用など

ホグナースの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 桂枝加苓朮附湯
形状 散剤
製造販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ホグナースの効能効果

体力虚弱で、手足が冷えてこわばり、尿量が少なく、ときに動悸、めまい、筋肉のぴくつきがあるものの次の諸症:
関節痛、神経痛

ホグナースの用法用量

成人(15歳以上) 1回 1 包
15歳未満7歳以上 1回2/3包
7歳未満4歳以上 1回1/2包
4歳未満2歳以上 1回1/3包
1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用する。
(用法関連注意)

ホグナースの成分分量

1日量(3包4.5g)中
桂枝加苓朮附湯エキス 2.4g (ケイヒ2.0g、シャクヤク2.0g、タイソウ2.0g、ショウキョウ0.5g、カンゾウ1.0g、ビャクジュツ2.0g、ブクリョウ2.0g、ブシ末0.25g)
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖

ホグナースが気になる人向けのコラム

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

めまいの原因が症状でわかる-脳の病気の危険性もあるめまい

あるとき突然起こるめまい。くり返し起きたり長く続くようなら、何かの病気が原因かもしれません。なかには命にかかわる重大な病気の場合もありますから、めまいが起こる背景について知っておくことは大切です。
めまいの症状にはいくつかのタイプがあ... 続きを読む

線虫がたった1滴の尿で早期がんを発見する! しかも費用は数百円?

2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代。「がん」は日本人の死因第一位ですが、がんの死亡を防ぐには早期発見・早期治療がもっとも有効だといわれています。そこで、九州大学の研究グループは「がん患者の尿の匂いに線虫が反応する」... 続きを読む

尿漏れ女性は30代で5人に1人!? 人に言えない悩みもエクササイズで解決

尿漏れは、高齢者の症状だと思っていませんか?実は30代以下の若い人でも、くしゃみや咳をしたとき、急に尿意をもよおしたときなどに、尿漏れが起こることがあります。 特に若い人には恥ずかしく、悩んでしまいがちな尿漏れですが、多くの場合はエク... 続きを読む