ホグナースの効能・用量・副作用など

ホグナースの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 桂枝加苓朮附湯
形状 散剤 
製造会社 小林製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方桂枝加苓朮附湯エキス顆粒   ウチダの恵賜去風   モリハイツウN   桂枝加苓朮附湯「タキザワ」   桂枝加苓朮附湯エキス錠〔大峰〕  



ホグナースの効能・効果

体力虚弱で、手足が冷えてこわばり、尿量が少なく、ときに動悸、めまい、筋肉のぴくつきがあるものの次の諸症:
関節痛、神経痛

ホグナースの用法・用量

成人(15歳以上) 1回 1 包
15歳未満7歳以上 1回2/3包
7歳未満4歳以上 1回1/2包
4歳未満2歳以上 1回1/3包
1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用する。
(用法関連注意)

ホグナースの成分・分量

1日量(3包4.5g)中
桂枝加苓朮附湯エキス 2.4g (ケイヒ2.0g、シャクヤク2.0g、タイソウ2.0g、ショウキョウ0.5g、カンゾウ1.0g、ビャクジュツ2.0g、ブクリョウ2.0g、ブシ末0.25g)
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖

ホグナースの使用上の注意と副作用

ホグナースの保管上の注意