ポピコット綿球Pの効能・用量・副作用など

ポピコット綿球Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 その他
製造販売会社 健栄製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ポピコット綿球Pの効能効果

切傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、火傷等の患部の殺菌・消毒。
とびひ、おでき等の感染皮膚面の殺菌・消毒。

ポピコット綿球Pの用法用量

1日数回患部に塗布。
(用法関連注意)
(1)用法用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)石けん類は本剤の殺菌作用を弱めるので、石けん分を洗い流してから使用してください。
(5)外用にのみ使用してください。

ポピコット綿球Pの成分分量

綿球1球あたり
#14綿球 10w/v%ポビドンヨード液 1.8mL
#20綿球 10w/v%ポビドンヨード液 4.4mL
(添加物)
グリセリン、クエン酸水和物、リン酸水素2 Na、ラウロマクロゴール、pH調節剤

ポピコット綿球Pの使用上の注意と副作用

【してはいけないこと】
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
【相談すること】
1 . 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)深い傷やひどいやけどの人。
2 . 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持っ
て医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3 . 5? 6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販
売者に相談してください

ポピコット綿球Pの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。( 誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)衣類等に付着したときは、すぐに水で洗い流してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
(6)開封時及び開封後は、微生物による汚染に注意してください。
綿球は清潔なピンセット等を用いて使用し、綿球に指が触れないよう注意してください。
(7)開封後は速やかに使用してください。

ポピコット綿球Pに効果効能が似た薬

ポピコット綿球Pが気になる人向けのコラム

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part2-水虫の検査の仕方、爪水虫の治療法

白癬菌(はくせんきん)の検査では、一般に苛性(かせい)カリ鏡検法(きょうけんほう)が用いられます。まず、病変部から白癬菌が寄生していると思われる皮膚の最外層(角質層の一部)をピンセットなどで取ります。
次に採取した皮膚の一部を顕微鏡観察... 続きを読む

DDSって知ってる? ナノテクノロジーを使った未来のスキンケア

「女性がもっている美しくありたいという願いは、ポジティブな生活を送るために大切です」と話す東京慈恵会医科大学DDS研究所所長の水島裕さんは、日本抗加齢医学会理事長も務めるアンチエイジングの第一人者。DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part3-爪水虫の診察前にチェックする7つのこと

診察では、問診といって「爪が白くなるような症状は、いつから起こったか」「爪がぼろぼろ壊れることはないか」などを患者さんにたずねることから始まります。
ときには家族構成や、そのなかで患者さんと同じような症状、病気を持った人がいないかどうか... 続きを読む