サンツールFB液の効能・用量・副作用など

サンツールFB液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 東和製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

サンツールFB液の特徴

サンツールFB液は、痛みやはれのもとに直接作用するフェルビナクを3.0%配合した非ステロイド系の鎮痛消炎剤です。
主成分のフェルビナクが、塗った所から直接患部に働き、肩・腰・関節のつらい痛みに優れた効き目を発揮します。
?-メントールを6.0%配合しており、清涼感たっぷりの使い心地です。

サンツールFB液の効能効果

肩こりに伴う肩の痛み、筋肉痛、関節痛、腰痛、腱鞘炎(手・手首・足首の痛みと腫れ)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、捻挫

サンツールFB液の用法用量

1日2?4回、適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守して下さい。
(2)目に入らないよう注意して下さい。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお、症状が重い場合には、眼科医の診断を受けて下さい。
(3)外用にのみ使用して下さい。
(4)薬剤塗布後の患部にラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないで下さい。
(5)皮膚の特に弱い方は、同じ所に続けて塗布しないで下さい。
(6)同じ部位に他の外用剤との併用は避けて下さい。
(7)使用後は手を洗って下さい。

サンツールFB液の成分分量

100ml中
フェルビナク 3.0g
l-メントール 60.g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.1g
(添加物)
ジブチルヒドロキシトルエン、ベンジルアルコール、マクロゴール、トリエタノールアミン、八アセチルしょ糖、エタノール 含有

サンツールFB液に効果効能が似た薬

サンツールFB液が気になる人向けのコラム

サンオイルの使い方|UV対策に使える身近なオイルとは?

サンオイルのイメージから、油を肌に塗ると日に焼けてしまうと思ってしまいがちですが、美容に使われているオイルの中には紫外線対策に効果のあるものもあります。逆に、肌のダメージになってしまうオイルもあるため、夏の素肌にやさしいオイル選びのポイ... 続きを読む

アーモンドミルク

アーモンドミルクは、くだいたアーモンドを水と混ぜ合わせて液体状にしたもの。フレーバーや甘みを足して飲みやすくしたアーモンドミルク飲料は、日本ではあまりなじみのないものでしたが、最近スーパーやコンビニでよく見かけるように。 「中東では高価な... 続きを読む

女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法

腱鞘炎(けんしょうえん)は、キーパンチャーやピアニスト、漫画家などの職業病として知られています。腱鞘炎の文字どおり、指を動かす腱と、それを包み込む腱鞘がこすれて炎症が発生している状態をいい、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったり... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む