パモキサン錠の効能・用量・副作用など

パモキサン錠の基本情報

パモキサン錠

パモキサン錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 駆虫薬
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

パモキサン錠の特徴

● 配合成分パモ酸ピルビニウムは腸管からはほとんど吸収されず,ぎょう虫に直接作用してすぐれた駆虫効果を発揮します。
●1回の服用で効果を発揮します。
●のみやすいピンク色のフィルムコート錠です。

パモキサン錠の効能効果

蟯(ぎょう)虫の駆除

パモキサン錠の用法用量

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):5錠:1回
11?14才:3錠
8?10才:2錠
5?7才:1錠
5才未満:服用しないでください
2回以上続けて服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)便秘性の人は本剤服用後,虫を排泄するため,適宜瀉下薬を用いてください。
(4)歯に色がつかないように,かまずにそのまま服用してください。
(5)食事に関係なく,いつでも服用できます。
(6)1回の服用で効果を発揮します。なお,再度駆虫を必要とする場合は,1ヶ月以上の間隔をおいてください。
(7)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTP シートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

パモキサン錠の成分分量

5錠中
パモ酸ピルビニウム 376.25mg ピルビニウム塩基として250mg
(添加物)
CMC-Ca,トウモロコシデンプン,ステアリン酸ポリオキシル,ステアリン酸Mg,ヒプロメロース,マクロゴール,酸化チタン,赤色102号,黄色5号

パモキサン錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1. 本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の駆虫薬,ヒマシ油
2. 2回以上続けて服用しないでください
なお,再度駆虫を必要とする場合は,1 ヵ月以上の間隔をおいてください。
■相談すること
1. 次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃痛,腹痛,吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:頭痛,めまい
その他:倦怠感
3. 服用しても効果がみられない場合は服用を中止し、この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
その他の注意
ぎょう虫は,ヒトの盲腸などに寄生します。夜間就寝時に産卵のため肛門に出てきて動きまわります。このため肛門のまわりがかゆくなり,お子様の夜泣きの原因になることがあります。
また,ぎょう虫は無意識にかいた手指や下着について,ヒトの口から容易に感染しますので,手をよく洗うなど家族感染に注意してください。

パモキサン錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

パモキサン錠が気になる人向けのコラム

涼感&虫よけ&水虫予防も とっておき「夏アロマ」

暑い夏、アロマを快適な環境づくりに取り入れませんか。天然の成分からつくられた精油の香りによって、リラクゼーションできるだけではなく、夏を過ごしやすくする効果も得られます。この時期にオススメのとっておきの「夏アロマ」を紹介します。 基本... 続きを読む

梅雨から夏のじめじめをアロマで快適に-鼻づまり解消や虫除けにも

今年は梅雨入りが少し遅れている様子です。この時期は気圧のせいもあり、体がだるかったり、気分も今一つのりません。そんなときこそ、ひと工夫で毎日の生活が変わります。私たちの周りにあるものを使って、ちょっとしたケアを始めましょう。
塩は、人... 続きを読む

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む

アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する... 続きを読む