サロメチールの効能・用量・副作用など

サロメチールの基本情報

サロメチール

サロメチール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

サロメチールの特徴

手足や腰は疲れると血液の循環や新陳代謝の異常などが起こり,痛み・こりとして感じられます。
●サロメチールは,すぐれた浸透性をもつ軟膏剤です。
●サロメチールは,患部にすりこむと皮膚を通して吸収され,炎症や痛みをやわらげて,運動前後の筋肉疲労,打撲,ねんざ,肩こり,関節炎などによく効きます。

サロメチールの効能効果

運動前後の筋肉疲労,打撲,捻挫,頭痛,歯痛,肩凝,凍傷,ロイマチス,神経痛,関節炎,毒虫咬傷,皮膚そう痒症,咽喉痛,感冒性関節炎

サロメチールの用法用量

1日数回,患部に適宜塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤のついた手で,目などの粘膜にふれないでください。
(5)外用にのみ使用してください。
(6)打撲,ねんざ等の急性症状にはハレがひいてから使用してください。
(7)時計,めがね等の金属類,化学繊維の衣類,プラスチック類,塗装のしてある床・家具等に付着すると変質することがありますので,付着しないように注意してください。
(8)衣類に付着した場合は,なるべく早く水又は洗剤で洗ってください。
(9)皮膚の弱い方は,同じ所に続けて塗擦しないでください。
(10)入浴前後での使用はさけてください。
(11)塗った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(12)入浴等で肌をこすったり,夏場など汗をかいた時は,本剤による刺激を強く感じる場合があります。
激しい痛みや刺激感やかゆみを感じた場合には,使用を中止し,石けんをよく泡立て,こすらないでやさしくなでるように患部を数回水で洗った後,患部を冷水や軽くしぼったぬれタオルなどで十分に冷やしてください。症状の改善がみられない場合は,この文書を持って医師にご相談ください。

サロメチールの成分分量

1g中
サリチル酸メチル 190mg
サリチル酸グリコール 10mg
dl-カンフル 70mg
l-メントール 60mg
カプサイシン 0.25mg
ニコチン酸ベンジルエステル 0.2mg
ユーカリ油 10mg
チモール 10mg
(添加物)
ステアリルアルコール,ステアリン酸,ミリスチン酸イソプロピル,水酸化Na,トリエタノールアミン,ポリオキシエチレンソルビットミツロウ,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

サロメチールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

サロメチールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

サロメチールが気になる人向けのコラム

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

肩こりを解消するダイナミック・ストレッチング-座ってできる簡単体操

ストッレチングとは、筋肉や腱、関節などを引き伸ばすこと。スポーツなどで行うウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)はもちろん、仕事や家事、勉強の合間にも、疲れを感じたときに伸ばす癖をつけると、疲労回復に大きな効果があります。 ... 続きを読む

冷えきった腰に効くツボとマッサージ-腰痛に効くツボをイラストで解説

今年の秋はいつまでも暖かい日が続きましたが、さすがに11月の終わりともなると寒くなってきました。寒いと肩をすくめて体を縮め、うつむいた姿勢をとってしまいがち。そんなときは呼吸も浅くなり、動きが少なくなるので、筋ポンプ(筋肉が緊張したり緩ん... 続きを読む

肩こりが悪循環を招く4つの理由-ひどくなる前に解消するコツ

肩こりに悩む女性、あなたの周りにも多いのではないでしょうか。厚生労働省の調査(「平成16年 国民生活基礎調査」)によると、女性が訴える健康上の自覚症状で一番多いのが肩こり、男性に比べ2倍以上にもなります。男性も第2位が肩こりですから、日本... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 1-痛む場所から分かる病気と症状とは?

腹痛とは腹部に感じる痛みのこと。経験したことがない人はいないといってもいいくらい、日常的に起こる症状ですが、その原因は食べすぎ・飲みすぎなど自然に回復するものから、緊急に治療を必要とする疾患までさまざまです。
また、腹痛、お腹が痛いとい... 続きを読む