宝寿カプセルの効能・用量・副作用など

宝寿カプセルの特徴

本剤はゴオウに動物性強心剤であるセンソ(シナヒキガエルの皮脂分泌物)を配合して作られた製剤であります。ゴオウは牛の胆嚢中から稀に採られる結石で中国後漢時代の臨床古典「神農本草経」に上薬として記載されています。高血圧の人や心臓の弱い人は急激なはげしい運動をした場合には、どうき、息ぎれが起こりやすいものです。宝寿カプセルはゴオウとセンソ、鹿茸を用いて製剤されており、どうき、息ぎれの症状に効果があります。
急に息苦しくなったり、どうき、息ぎれの際の治療薬として常備されることをおすすめ致します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 カプセル 
製造会社 東洋漢方製薬
販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アポセーフ錠   いけだや六神丸   ウチダの牛黄   カイキョー100   クミアイ六神丸  



宝寿カプセルの効能・効果

動悸、息切れ、気付け

宝寿カプセルの用法・用量

大人(15才以上) 1回1カプセル、1日2回服用してください。
15才未満は服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)かまずに服用してください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。

宝寿カプセルの成分・分量

1日量(2カプセル)中
センソ 2mg
鹿茸末 10mg
ゴオウ 200mg
(添加物)
バレイショデンプン、ゼラチン、黄色5号、ラウリル硫酸Na

宝寿カプセルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

宝寿カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。