オロチサールの効能・用量・副作用など

オロチサールの特徴

オロチサールは、血液中のコレステロールが気になる方や、血液中のコレステロールが多く、血流がスムーズでない方に適しています。
●有効成分「リボフラビン酪酸エステル」は、
1.血液中のコレステロールが余分に作られることを抑えます。
2.血液中の余分なコレステロールを体外へ排出します。
この2つの働きで血液中のコレステロールを低下し、血清高コレステロールを改善します。
●1回1カプセル、1日2回の服用で効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 カプセル 
製造会社 渡邊薬品
販売会社 レネロファーマ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アスビタン〈デルマ〉   エバセタミン   エバセチンゴールド   キュティナ   クミアイ新ビタミンBBピュア  



オロチサールの効能・効果

血清高コレステロールの改善

オロチサールの用法・用量

次の量を、食後に水またはお湯で服用してください
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1カプセル:2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

オロチサールの成分・分量

2カプセル
日本薬局方リボフラビン酪酸エステル 60mg
(添加物)
低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖水和物、タルク
またカプセル本体にゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウムを含有しています。

オロチサールの使用上の注意と副作用

相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部不快感、胃部膨満感、食欲不振、吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
下痢
4.しばらく位服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

オロチサールの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管してください
2.小児の手の届かないところに保管してください
3.他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
4.表示の使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください
5.服用のつどビンのフタをしっかりしめてください(吸湿し、品質が変わるおそれがあります)