アスパラ目薬Lプラスの効能・用量・副作用など

アスパラ目薬Lプラスの基本情報

アスパラ目薬Lプラス

アスパラ目薬Lプラス

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 田辺三菱製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アスパラ目薬Lプラスの特徴

アスパラ目薬Lプラスは、ピント調節機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩や目の新陳代謝を活発にするL-アスパラギン酸カリウムとビタミンB6を配合し、かすみ目や疲れ目に効果を発揮します。また、グリチルリチン酸二カリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩、テトラヒドロゾリン塩酸塩がかゆみ、充血などの炎症を抑えます。

アスパラ目薬Lプラスの効能効果

目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、目のかゆみ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

アスパラ目薬Lプラスの用法用量

1日3?6回、1回1?3滴点眼してください。
(用法関連注意)
(1)過度に使用すると、異常なまぶしさを感じたり、かえって充血を招くことがあります。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないでください。また、混濁したものは使用しないでください。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(5)点眼用にのみ使用してください。

アスパラ目薬Lプラスの成分分量

100mL中
ネオスチグミンメチル硫酸塩 3mg
L-アスパラギン酸カリウム 1000mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
グリチルリチン酸二カリウム 250mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 30mg
テトラヒドロゾリン塩酸塩 30mg
(添加物)
ホウ酸、ホウ酸Na、エデト酸Na、l-メントール、dl-カンフル、クロロブタノール、ベンザルコニウム塩化物、ポリソルベート80、プロピレングリコール
〈成分に関連する注意〉
本剤は点眼後、ときに口中に甘味を感じることがあります。これは成分のひとつであるグリチルリチン酸二カリウムが、涙道を通って口中に流れ出てくることによるもので、品質などの異常によるものではありません。

アスパラ目薬Lプラスの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。 はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。 緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)目のかすみが改善されない場合。
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

アスパラ目薬Lプラスが気になる人向けのコラム

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

老眼予防になる! 目のストレッチや簡単ケアでリフレッシュ

目も体と同じ。運動しなければ老化は進む 「目の老化も体と同じ。運動しなければ筋肉は衰え、老化は進みます」と言うのは、アンチエイジングドクターで眼科医でもある日比野佐和子先生。 「目の筋肉を鍛えたりほぐしたりすることは、目の筋肉の若さを... 続きを読む

遅刻にさよなら! あと30分早く家を出るための【4つの鉄則】

「カギはどこ?」「コーディネートが決まらない!」。本当は余裕で出られるはずだったのに、準備でつまずき結局遅刻……。出かける前にバタバタするクセを直して、30分早く家を出られる方法をご紹介します。 遅刻の根本原因は
あなたの考え方の“ク... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む