ピナクールベビー液の効能・用量・副作用など

ピナクールベビー液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 東光薬品工業
販売会社 東光クリエート
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ピナクールベビー液の特徴

アルコールやステロイドを使用していないので,お子様にもお使いいただける,お肌にやさしいかゆみ止めです。

ピナクールベビー液の効能効果

湿疹,皮ふ炎,ただれ,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

ピナクールベビー液の用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。なお,本剤の使用開始目安年齢は生後3ヶ月以上です。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(4)定められた用法・用量を守ってください。
※患部はなるべくかかず,かきこわす前の治療がお勧めです。また,患部が汚れている場合はよく拭いてから塗布してください。

ピナクールベビー液の成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2.0g
パンテノール 1.0g
(添加物)
ベンザルコニウム塩化物,ヒドロキシプロピルセルロース,pH調節剤

ピナクールベビー液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:皮ふ]
症状:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
その他の注意
お子様が誤ってピナクールベビー液を口に入れてしまった場合
○少量なめた程度では影響はありませんが,量が多いと眠気があらわれることがあります。
○大量に(目安として5mL以上)飲み込んだときや,めまい,はきけ,倦怠感(だるさ),呼吸異常などの症状がある場合はなるべく早く医師の診療を受けてください。

ピナクールベビー液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(箱及び容器に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。また,使用期限内であっても,品質保持の点から開封後はなるべく早く使用してください。

ピナクールベビー液が気になる人向けのコラム

どうしていびきをかくの?いびきの8つの原因と対処法

社員旅行などで同室になった人がひどいいびきかきで、睡眠不足になってしまったというような経験をお持ちの人はいませんか。あるいは家族旅行で旅館に泊まり、大いびきの被害を受けた家族から翌朝一斉ブーイングの嵐にさらされたとか……。
いびき発生の... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む

お酒が弱い・飲めない人は飲酒を断るべし!【アルハラ撃退法】

お酒を飲む女性が増えています。1954年には13%だった女性の飲酒者が、2008年には62%に急上昇(男性は68%から83%に)。また、20~24歳の飲酒率は男性が83.5%であるのに対し、女性が90.4%と、女性の方がお酒を飲む人が多... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む