ほわっと下痢止めLPの効能・用量・副作用など

ほわっと下痢止めLPの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 錠剤
製造販売会社 テイカ製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ほわっと下痢止めLPの特徴

●ロペラミド塩酸塩は、食べすぎ・飲みすぎや寝冷えによる下痢にすぐれた効果があります。
●本品は、口の中で溶かし、水なしで飲める口腔内崩壊錠です。

ほわっと下痢止めLPの効能効果

食べすぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢

ほわっと下痢止めLPの用法用量

次の量を口中で溶かして服用するか、水又はお湯で服用してください。ただし、服用間隔は4時間以上おいてください。また、下痢が止まれば服用しないでください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1日2回
15歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量(必ず1回1錠、1日2回)を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。

ほわっと下痢止めLPの成分分量

2錠(成人1日量)中
ロペラミド塩酸塩 1mg
(添加物)
D-マンニトール、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒドロキシプロピルセルロース、タンニン酸、クロスポビドン、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、クエン酸水和物、l-メントール、香料、ステアリン酸Mg

ほわっと下痢止めLPの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1 次の人は服用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)15歳未満の小児。
(3)フェニルケトン尿症の人。(本剤はL-フェニルアラニン化合物を含んでいます。)
2 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
胃腸鎮痛鎮痙薬
3 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
4 服用前後は飲酒をしないでください
■相談すること
1 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがあります。)
(4)便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人。
(本剤の服用により便秘が発現することがあります。)
(5)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(6)授乳中の人。
(7)高齢者。
(8)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、腹痛、吐き気、腹部膨満感、便秘、腹部不快感、嘔吐
精神神経系:めまい
まれに裏面の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
イレウス様症状(腸閉塞様症状):激しい腹痛、ガス排出(おなら)の停止、嘔吐、腹部膨満感を伴う著しい便秘があらわれる。
3 服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘、眠気
4 2?3日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ほわっと下痢止めLPの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ほわっと下痢止めLPが気になる人向けのコラム

歯周病を予防する歯磨きの仕方-歯垢を確実に落とす方法とは

6月4日から6月10日は「歯の衛生週間」。歯周病は、歯を失う大きな原因となるだけでなく、全身に影響を及ぼす“口のなかの生活習慣病”。日本では中高年の80%以上がかかり、その危険性は20代から高まっていると言われています。歯周病は症状がかな... 続きを読む

遺伝子検査

「友達と一緒にウォーキングをはじめたけど、なぜか私だけ痩せない…」。こんな風に同じことをしても、人により効果に差が出るのは、体質の違いがあるから。その体質を調べられるのが、遺伝子検査なのです。
遺伝子検査は、口の中の粘膜や血液、爪を使っ... 続きを読む

誰かにやってあげたくなる手のツボマッサージ-イラスト解説付き

「自分でできる簡単ツボマッサージ」も今回で6回目。これまでは、目の疲れや肩こり・首こり、むくみ、冷えからくる腰や肩の痛みなどの対策として、つらくなったときすぐに自分でできるツボマッサージを紹介してきました。今回から、パートナーをはじめ、家... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む

赤ちゃんが罹る「川崎病」ってどんな病気? 主な6つの症状

「川崎病」という病気を知っていますか?
正式名称は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、1967年に川崎富作博士が世界で初めて報告したことから、博士の名をとって病名がつけられました。
この病気は全身の血管に炎症を起こし、... 続きを読む