ノズラン錠の効能・用量・副作用など

ノズラン錠の特徴

ノズラン錠は、ちくのう症や慢性鼻炎による鼻腔内の炎症、鼻汁分泌、鼻づまりといった不快な症状を抑える医薬品です。
9種類の生薬を含む漢方処方「辛夷清肺湯」のエキスを飲みやすい錠剤にしました。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 漢方製剤!辛夷清肺湯
形状 錠剤 
製造会社 中村薬品工業
販売会社 本草製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品



ノズラン錠の効能・効果

体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴うものの次の諸症:鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)

ノズラン錠の用法・用量

成人(15歳以上) 1回 5錠
1日2回朝夕、食前または食間に水又は白湯で服用してください。
(用法関連注意)
定められた用法用量を厳守してください。

ノズラン錠の成分・分量

別紙規格
辛夷清肺湯乾燥エキス(50%量) 2500mg 原生薬換算量:日局シンイ1.0g 日局チモ1.5g 日局ビャクゴウ1.5g 日局オウゴン1.5g 日局サンシシ1.5g 日局バクモンドウ2.5g 日局セッコウ2.5g 日局ショウマ0.5g 日局ビワヨウ1.0g
(添加物)
無水ケイ酸、クロスカルメロースナトリウム、カルメロースカルシウム、タルク、ステアリン酸マグネシウム

ノズラン錠の使用上の注意と副作用

使用上の注意
相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる婦人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸虚弱で冷え症の人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(関係部位)消化器(症状)食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療をうけること。
(症状の名称)間質性肺炎(症状)階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
(症状の名称)肝機能障害(症状)発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
(症状の名称)腸間膜静脈硬化症(症状)長期服用により、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返し現れる。
3.1ケ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ノズラン錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ビンの中の詰物は、フタを開けた後は捨ててください。(詰物を再びビンに入れると湿気や汚染の元となります。詰物は輸送の際の破損防止のために入っています)
(5)表示の期限内に服用してください。なお、期限内であっても開栓後はなるべく早くご使用ください。
(6)本剤は、天然の生薬エキスを原料にしていますので、開栓後の吸湿による色の変化(色が濃くなることがある)や、製品により錠剤の色調、味又は香りに多少の差異がでることがありますが、効果には変わりありませんので安心して服用してください。