アルピタンの効能・用量・副作用など

アルピタンの特徴

アルピタン

アルピタン

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 五苓散
形状 散剤 
製造会社 小林製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 [救心漢方]五苓散   「クラシエ」漢方五苓散料エキス顆粒   「クラシエ」漢方五苓散料エキス顆粒S   JPS漢方顆粒-14号   JPS五苓散料エキス錠N  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



アルピタンの効能・効果

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、頭痛、はきけ、嘔吐、めまい、腹痛、むくみ等のいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、むくみ、頭痛、二日酔

アルピタンの用法・用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯で服用してください
大人(15才以上) 1回1包、1日3回
7才以上15才未満 1回2/3包、1日3回
4才以上7才未満 1回1/2包、1日3回
2才以上4才未満 1回1/3包、1日3回
2才未満は服用しないこと
(用法関連注意)

アルピタンの成分・分量

1日量(3包:4.5g中)
五苓散料エキス 2.3g (タクシャ5.0g、チョレイ3.0g、ブクリョウ3.0g、ビャクジュツ3.0g、ケイヒ2.0g)
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖

アルピタンの使用上の注意と副作用

アルピタンの保管上の注意