サーボン胃腸薬顆粒の効能・用量・副作用など

サーボン胃腸薬顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 その他
製造販売会社 日新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

サーボン胃腸薬顆粒の特徴

●2種類の消化剤により食べ物の消化を助けます。
●ウコンをはじめ5種類の生薬が胃もたれ・胸やけを和らげます。
●制酸薬(ナトリウムフリー)の働きで胃酸を中和し,胃粘膜を保護します。

サーボン胃腸薬顆粒の効能効果

食欲不振(食欲減退),胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べ過ぎ(過食),飲み過ぎ(過飲),胸やけ,もたれ(胃もたれ),胸つかえ,はきけ(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,消化促進,胃酸過多,胃部不快感,胃重,げっぷ(おくび),胃痛

サーボン胃腸薬顆粒の用法用量

次の1回量を,食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
11歳以上15歳未満:2/3包:3回
8歳以上11歳未満:1/2包:3回
5歳以上8歳未満:1/3包:3回
5歳未満の乳幼児:服用しないでください。
(用法関連注意)
1.用法・用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

サーボン胃腸薬顆粒の成分分量

3包(3600mg)中
沈降炭酸カルシウム 990mg
ウコン末 600mg
ショウキョウ末 90mg
ケイヒ末 90mg
ゲンチアナ末 120mg
チョウジ末 45mg
ジアスターゼ 120mg
リパーゼ 45mg
(添加物)
添加物として,乳糖水和物,精製白糖,ポビドン,ケイ酸カルシウム,l-メントールを含みます。

サーボン胃腸薬顆粒の使用上の注意と副作用

相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の診断を受けた人。
腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

サーボン胃腸薬顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)

サーボン胃腸薬顆粒が気になる人向けのコラム

ウコンを飲むだけですっきりとダイエット

ウコン
二日酔い対策の代表格ともいえるウコンですが、実はダイエットにも大変効果があると話題になっています。
ウコンには、脂肪細胞の増加を抑制し、さらに脂肪の分解を促す効果があります。
普段通りの食事にウコンをプラスするだけで脂肪の蓄... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

骨粗しょう症の予防のために摂りたい栄養-控えた方が良い食べ物

骨粗しょう症の予防は、まず1日3回の規則正しい食事から、骨の材料となるカルシウムをたっぷりとること。一般的に日本人はカルシウム摂取量が不足しがちなので、意識してとるようにしましょう。カルシウムの豊富な食品は乳製品や大豆製品、骨ごと食べられ... 続きを読む

たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも? 脂っこい食生活が原因

食べすぎ、飲みすぎで胸やけすることはよくあることでしょう。胸やけはみぞおちから胸、または背中にかけて感じる熱く焼けるような不快感のこと。胃酸が胃から食道に逆流することで起こります。単に二日酔いや食べすぎで起こることも多く、一時的なものなら... 続きを読む

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む