新富士胃腸薬プラスの効能・用量・副作用など

新富士胃腸薬プラスの特徴

◆新富士胃腸薬プラスは、制酸剤、消化酵素、健胃生薬に加え、胃粘膜を修復する成分や胃の痛みをしずめる成分を配合し、食べすぎ・飲みすぎ・胃の痛み・胃もたれ・胸やけなどの諸症状に、優れた効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤 
製造会社 富士薬品
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「モリ」ケンイセイチョウ薬   あい気散   アルファ大草胃腸錠   アルファ大草胃腸薬(分包)   イーガードグリーン  



新富士胃腸薬プラスの効能・効果

胃酸過多、胸やけ、胃部不快感、胃部・腹部膨満感、もたれ(胃もたれ)、胃重、胸つかえ、げっぷ(おくび)、吐き気(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、胃痛、食欲不振(食欲減退)、消化不良、胃弱、消化促進

新富士胃腸薬プラスの用法・用量

次の1回量を1日3回、食後または食間に、水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上(成人):1包:3回
11才以上15才未満:2/3包:3回
8才以上11才未満:1/2包:3回
8才未満:服用しないこと
※食間とは、食後2~3時間を指し、胃の中の食べ物がほぼなくなっている時です。
(用法関連注意)
<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

新富士胃腸薬プラスの成分・分量

1日量3包(1包1,400mg)中
ケイ酸アルミン酸マグネシウム 1,200mg
炭酸マグネシウム 300mg
炭酸水素ナトリウム 750mg
銅クロロフィリンナトリウム 48mg
ロートエキス3倍散 90mg
ケイヒ末 300mg
ゲンチアナ末 50mg
カンゾウ末 300mg
センブリ末 5mg
チョウジ末 20mg
ウイキョウ末 40mg
ビオヂアスターゼ2000 25mg
プロザイム 30mg
リパーゼ 120mg
アルジオキサ 200mg
ウルソデオキシコール酸 30mg
(添加物)
乳糖水和物,CMC-Ca,ヒドロキシプロピルセルロース,l-メントール,プロピレングリコール,香料

新富士胃腸薬プラスの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
1. 次の人は服用しないでください。
透析療法を受けている人
2. 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。
胃腸鎮痛鎮痙薬
3. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがあります。)
4. 長期連用しないでください。
■相談すること
1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状がある人
排尿困難
(6)次の診断を受けた人
腎臓病、心臓病、緑内障
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
関係部位:皮膚 症状:発疹・発赤、かゆみ
3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
口のかわき、便秘、下痢
4. 2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがあります。

新富士胃腸薬プラスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)1包を分割したり残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。