ダイアフラジンHB軟膏の効能・用量・副作用など

ダイアフラジンHB軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 東光薬品工業
販売会社 内外薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ダイアフラジンHB軟膏の特徴

◎肝油(魚油)由来のビタミンA油が,荒れた角質層を回復させて新陳代謝を高め,肌をなめらかにします。
◎アラントインとパンテノールが,ひじ・ひざ・かかとなどの割れた皮ふ表面の組織修復を早めます。
◎トコフェロール酢酸エステルが,血行を促進します。
◎グリチルリチン酸ジカリウムが,皮ふの炎症と赤みを抑えます。
◎高分子うるおい成分(リピジュア)配合で,伸びが良く,なめらかな軟膏です。

ダイアフラジンHB軟膏の効能効果

ひじ・ひざ・かかとのあれ,ひび,あかぎれ,指先・手のひらのあれ,しもやけ

ダイアフラジンHB軟膏の用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないようにご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診察を受けてください。
(4)本剤は外用のみに使用し,内服しないでください。

ダイアフラジンHB軟膏の成分分量

100g中
アラントイン 0.2g
パンテノール(プロビタミンB5) 1.0g
レチノール油(肝油類) 12.5g レチノールパルミチン酸エステルとして500000I.U.
酢酸トコフェロール 2.0g
グリチルリチン酸ジカリウム 0.5g
(添加物)
セタノール,サラシミツロウ,BHT,パラベン,ソルビタンセスキオレイン酸エステル,ラウロマクロゴール,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュア),クエン酸水和物,クエン酸Na水和物,香料,その他3成分

ダイアフラジンHB軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
(1)次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
1)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
2)湿潤やただれのひどい人。
(2)使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
関係部位:皮ふ
症状:発疹・発赤,かゆみ

ダイアフラジンHB軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
(5)チューブの口を開けた後,すみやかにご使用ください。

ダイアフラジンHB軟膏が気になる人向けのコラム

いつでもどこでも指先運動ダイエット

指先運動
手持無沙汰な通勤途中の電車の中や、誰かを待っている間など、ちょっとした時間にダイエットをすることが出来れば、無駄な時間の有効活用になりますよね。
指先運動ダイエットは、いつでもどこでも、空いた時間に出来るダイエット方法です。... 続きを読む

意外に疲れがたまってる、腕や手釘のリフレッシュ方法とは

パソコン作業や家事などで連続して手を使う作業が続くと、肩こり・首こりだけでなく、腕から指先まで重だるく感じられることがあるでしょう。これは、長い時間手を酷使することで首・肩から腕、手にかけての筋肉が疲れ、血液循環が悪くなったために起こって... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-手首と眼の力を抜くゆるゆる体操

ゆるゆると全身をゆるめる「ゆる」体操は、簡単な動作でからだの緊張を取り除き、脳を活性化させる体操法です。
今回は、肩こり、頭痛、疲れ目に有効な体操を紹介します。気軽にできる体操なので、仕事の合間に行って、疲れを蓄積させないようにしまし... 続きを読む

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

緊張してなくても手のひらに汗、、、それってもしかして病気かも?

夏は汗をかきやすい季節。外出にはハンカチが手放せなくなりますね。汗には、体内の熱を放出して、体温を一定に保ってくれる働きがあります。
ところが、通常では発汗しないとされている状態で、大量に汗をかいてしまう病気があり、多汗症と呼ばれています... 続きを読む