オイラックスPZリペアクリームの効能・用量・副作用など

オイラックスPZリペアクリームの基本情報

オイラックスPZリペアクリーム

オイラックスPZリペアクリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 ジャパンメディック
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

オイラックスPZリペアクリームの特徴

1.プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは、アンテドラッグとよばれる副腎皮質ホルモン(ステロイド)で、しっしん、かぶれ、皮膚炎等の炎症をしずめます。
「アンテドラッグ」とは患部でよく効き、体内では分解されて低活性になる、有効性と安全性を考えて開発された成分です。
2.鎮痒成分クロタミトンが、しっしん、かぶれ等に伴うかゆみをおさえます。
3.アラントインが皮膚の組織修復を助けます。
4.グリチルレチン酸が皮膚の炎症をしずめます。
5.トコフェロール酢酸エステルが血流を改善し、症状の回復を助けます。
6.イソプロピルメチルフェノールが殺菌作用を発揮します。
7.ベタつかず、塗りごこちの良いクリームです。

オイラックスPZリペアクリームの効能効果

しっしん、かぶれ、皮膚炎、じんましん、あせも、かゆみ、虫さされ

オイラックスPZリペアクリームの用法用量

1日数回、適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)使用法を厳守して下さい。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗って下さい。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けて下さい。
(4)外用にのみ使用して下さい。
(5)使用部位をラップフィルム等の通気性のわるいもので覆わないでください。
チューブの開け方
キャップを逆向きにし、中にある突起部をチューブの口に深く差込み、穴を開けて下さい。

オイラックスPZリペアクリームの成分分量

100g中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0.15g
グリチルレチン酸 0.5g
クロタミトン 5g
アラントイン 0.2g
酢酸トコフェロール 0.5g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
1,3-ブチレングリコール、セトステアリルアルコール、カルボキシビニルポリマー、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ジイソプロパノールアミン、ラウリン酸ヘキシル、パルミチン酸セチル、ジメチルポリシロキサン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル、ステアリン酸グリセリン、パラベン

オイラックスPZリペアクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないで下さい。
(1)水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部
(2)目の周囲、粘膜等
2.顔面には、広範囲に使用しないで下さい。
3.長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)湿潤やただれのひどい人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

オイラックスPZリペアクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

オイラックスPZリペアクリームに効果効能が似た薬

オイラックスPZリペアクリームが気になる人向けのコラム

ジェネリック医薬品って知ってる? 効果は同じで薬代が安くなる

「ジェネリック医薬品」のことをご存じないという人は、もはやほとんどいないでしょう。「後発医薬品」とも呼ばれ、特許期限が切れた「先発医薬品」(新薬)と同じ有効成分を用いて製造され、新薬と同等の効果を獲得している薬です。新薬に比べて開発費が少... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む